スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

フリーター、未経験転職は〇〇歳の壁を意識しよう

今、私は中途採用や、採用した人材の初期教育に携わっているのですが、
景気も悪くなく、どこも人手不足で売り手市場ということもあり、
フリーターから正社員だったり、
未経験職種に挑戦応募するということが、しやすい環境であると感じています。

ただ、分かってもらいたいのは、
今のような求職者にとって有利な状況は、いつまで続くかは分からないし、
何歳になっても、このような環境があるという勘違いは絶対してほしくない!
ということです。

実際に、フリーターから正社員、未経験転職は、
普通に正社員として雇用されることを考えれば、
採用年齢の実態は、
28歳まで
というのが自分の感覚です。

これが不況になった瞬間に、
年齢は更に下がって、26歳くらいになる可能性は当然、
そもそも、未経験、フリーターは正社員採用しないという決断をする
企業が増えてもおかしくありません。

※なお、正社員ではなく、
 ずっと雇用を約束しない契約社員、出来高制を重視した正社員契約、
 任せる業務に合わせて金額を変更する業務委託契約、
 独立する等は、この年齢基準はあまり当てはまりません。
 あくまで、普通の企業に正社員採用されるという観点で話した場合のみです。


自分の周囲の人事の方々に聞いても、
ネットで調べてみても、
そのような意見は多いと思われます。

30代は、自立して、自身の知識、経験、専門性を活かして、
組織や会社を引っ張っていく立場で仕事をしていくもの。
だからこそ、20代のうちに、
自身のビジネスパーソンとしての土台、
何かしら、組織の利益貢献につながる得意なことや、できることが、
明確に作られていないと、
30代からの自立した活躍が難しい。

という考えが、だいたいの組織、管理職にあたるような人にはあると思われ、
未経験から、何かしらの土台を作っていくのに、2~3年かかることを考えれば、
未経験の採用は、28歳がぎりぎりの採用と考えることが多い
というのが、実態なのではと思います。

実際には、色々なことに挑戦したり吸収したりする力は、
年齢にはあまり関係なく、
20代が吸収の時期で、30代が自立、活躍の時期というのは、
新卒社員に求める理想のキャリアプランの幻想であり、
結局のところ、自立した活躍ができるかどうかは、
年齢ではなく、人による。
と私は思っています。

ただ、30代に近づく、30代になって時が経過する中で、
自立できるビジネススキルの土台を作り上げる前に、
変な仕事観、習慣がついてしまう可能性は高く
歳をとると同時に、
体力や心のエネルギーが若い頃より低下してしまうことや、
年長になっていくことで、
組織で自分より若い連中と関わることが多くなる環境の中で、
変なプライドが邪魔をして、自分を否定しづらくしてしまうことで、
染みついてしまった、その変な仕事観や習慣を変えることができず、
いつまでたっても、負のスパイラルから抜け出せない
というリスクを抱えがちであることも事実だと思います。

しかも、日本では、
おおよその企業では、新卒重視の採用のため、
それなりに経験を積んだ、
20代後半~30代前半くらいの人材が、
何かしらの役職につきはじめ組織を引っ張っていく役割を担っていくことが多く、
年功序列の意識も高い日本企業では、
若くして何かを任せようとしている人材の下に、
任せようとする人材よりも年上で更に経験値が低い人材を入れるということは、
人間関係のバランスを考えるうえでも、
なかなか決断しにくいことだと思われます。

そのようなことからも、
フリーターからの正社員や未経験転職は、
28歳までが一つの基準になっているというのは、
よほど雇用に対する価値観の変革が無い限りは、
なかなか揺るぎようのない事実だと思われるのです。

ですから、
フリーターをしてでも、追い続けたい夢に挑戦すること、
未経験でもやってみたいと思うことに挑戦することは、
とても尊いことではあるとは思いますが、
かたや現実にも向き合い、
フリーターという状況、未経験職種に挑戦するということについて、
28歳という年齢期限を一度、設定してみてはどうかと思うのです。

実際に、28歳になった時に、必ずフリーターを辞めろということでもなく、
28歳以降に未経験転職はNGという訳でもありません。

人生は、その人のものですから、
どんな決断を下そうが、受け入れるのはその人自身なので、
それこそ、その人のライフプランに口出すことは、余計なおせっかいというものです。

ただ一度、28歳という年齢を意識して、
そこの期限を設けることで、自分自身の今の意識・行動について変えるべきことはないか。
と、現実に向き合うことは大切だと思うのです。

夢を追っているなら、その夢に対して、本気で行動しているか。
未経験の職に憧れているなら、
その未経験の職に、本気で挑戦しようという覚悟はあるのか。
ただ憧れのままにしておくことで、
今の仕事に本気で向き合わないことの言い訳にしていないか。
等々、
28歳の現実に本気で向き合うことで、
今の自身の行動が少し変わることこそが、重要になると思います。

28歳の現実なんて、どうでもいい。
とにかく、自分はこのやりたいことをやってやる!と、言い切れる人には、
全く関係の無い話です。
そういう方には、とことんやってほしい!!

ただ、そこまで言い切れない人には、
一度、28歳という壁が現実的に存在する事実と向き合ったうえで、
今後の自身の行動を考えてみることをお勧めします。





■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング
スポンサーサイト

【theme : フリーターからの正社員への就職
【genre : 就職・お仕事

2018新卒就活説明会解禁

ついに2018新卒の説明会が解禁され、学生就活本番ですね。

人事の方々、人材業界の方々から多く聞くのは、
今年もやはり「学生優位」という声です。

学生の皆さん、おめでとうございます!

2018卒の学生の皆さんの多くは、かなり楽観的と聞きます。

卒業する時には、就職氷河期だった自分には、とても羨ましい話です(笑)

ただ、「学生優位」の状況だからこそ、気を付けなければいけないことがあります。

それは、



思ったより簡単に企業から内定が出てしまうことで、
自分自身と企業の深堀りをしないまま
安易に就職先を決めてしまう

という非常にリスクの高い行動を行ってしまう可能性がある
ということです。

この行動をしてしまうと、入社してこんなはずではなかった・・・・
というアンマッチ就職の可能性がものすごく高まります。

自分の適性、価値観にあっていない会社や仕事に着くことは、まさに
「地獄の始まり」
だと思ってください。

面接した社員が良い人だったから入社を決めたというベンチャー企業が、
ブラック企業で更に1年後に倒産する、なんてことは普通にあります。

入社してから、仕事で少し嫌なこと、辛いことがあった時、
それが本人にとって越えなければならない壁にも関わらず、
また、本人にとって良い環境だという事実があるにも関わらず、
簡単に決めてしまった会社だけに、すごく浅はかな考え方で、
もっと自分には合う会社、仕事があるのではないか、
もっと条件、環境の良い会社があるのではないか、
という「隣の芝生は青い現象」に陥り、
結果、すぐに会社を辞めてしまって、
キャリアを台無しにしている方も、自分は多く見ています。

最初に入社する会社は、社会人としての基礎力を養う場でもあるため、
最初に入社する会社を安易に決めてしまうことは、
中長期的なキャリア形成の視点からも、大きなリスクがあるということを分かってもらいたい!!
と思います。

「学生優位」だからといって安易に決めるのではなく、
是非「学生優位」という素晴らしい状況を活かし、
たくさんの会社と接して下さい。
たくさんの人と会って、話して下さい。


たくさん行動することで、自分の価値観が整理されますし、
働くということや、社会人になることに向けての、自分自身の課題も明確になってきます。

内定をもらうことが重要なのではなく、
自分に合った会社に入社し、入社してから活き活き働けること。
入社の先が重要だということを忘れずに、
就職活動をしてもらいたいと思います。



■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

2016.9.27 日経新聞で「就活、早めが大事」の記事掲載

2016.9.27 日経新聞にて、
「さあ就活、早めが大事、インターン、仲間作る好機、自己分析、友人の声反映(働く)」という見出しで、
就活の成功のカギは「早めの動き出し」にある。という内容の記事が掲載されました。

17年卒の学生で就活に成功した学生が口をそろえて言うのは、
インターン(就業体験)と自己分析ということらしい。

広報解禁は3月1日、面接解禁は6月1日というスケジュールに向けて、
いつにどんなことをやっておけばよいかという内容が、記事には具体的に書いてあります。

就職活動のイメージがグッと湧くことでしょう。

まだ読んでいない人は、是非、図書館とかで読んでみることをお勧めします。

できれば、これを機会に就活に備えて、
月曜日だけでも、駅で160円で日経を買って、
読み始めるというようなことをしてみてはどうでしょう。

月曜日の日経は、池上彰さんのコラムや、
今回のように就活の記事、学生向けの記事がある面があり、
経済指標の面もあるため、
日経を読み始めるのには、入りやすいと思います。

経済指標は、数値が何を示しているのかは、
こちらのサイトを参考にしてみてください。

https://www.nikkei4946.com/guide/nikkei/step/pop_indicator.html

日経の読み方、経済指標の捉え方等に興味を持ったら、
小宮 一慶さんの本を読んでみることをお勧めします。


小宮さんの本を読んで、日経を読めば、経済における情報の捉え方が一気に変わります。

このようなことを社会人になる前にやっておくことは、
他の学生や、社会人になった後に同期に対しても、差がつけられることにつながると思います。

どんどん行動にうつしていきましょう!!



■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

選考に落ちても行動は止めないことが成功の近道!

私自身、転職のため就職活動をしました。

就職活動を実際にしてみて、
その大変さが、改めて身に沁みました。

結果、約3ヵ月の就職活動を経て、
内定を複数社いただくことはできたものの、
キャリアカウンセラーとして、
他人にアドバイスしたりしている立場にも関わらず、
活動し始めの頃は、

選考に落ちまくり、

こんなはずでは・・・という焦り、
恥ずかしい気持ち、情けない気持ち、
というような負の気持ちでいっぱいになりました。


a0002_008014.jpg

それでも、最終的に複数社の内定を獲得できたのは、


とにかく行動を止めなかったこと。

これに尽きると思います。

いくら選考に落ちても、

決して、自分という人間を否定された訳ではない。

自分の適性、スキルがアンマッチだった。
縁が無かった。タイミングが悪かった。
就活のやり方が悪かった。

と、自分という人間の否定だけはせずに、
行動の量を増やすことや、
行動の修正をすることで、
良い方向に向かうことを信じ、

とにかく縁を減らすことは避けよう!
縁の可能性を広げよう!


と、
色々な企業の情報を収集、調査することを続け、
多くのキャリアカウンセラー、キャリアアドバイザーの方達、
企業の色々な方達と出会い、話すことによって、

自分の適性、スキルの再確認、
自分がマッチしそうな企業の整理、
アプローチの方法の修正等、
が次々に進んでいき、

結果、自分が本当に良いと思う企業の内定を、
複数社いただくことができたのです。

選考に落ちて、自分に自信を無くし、
やる気がなくなり、行動を止めてしまいたくなる気持ちは、
自分も体験したばかりですので、よく理解できます。

しかし、行動を止めたところで、何のメリットがあるのでしょう。

動くことを止めて広がる可能性は何もありません。

考えるにしても、人や企業と接しながらの方が、
多くの気付きが生まれ、考えが深まります。


自分一人で考えて気付けることなんて、たかが知れてる。
というか、気付けないから、うまく行かない悪循環から抜け出せない。

就職活動については、
「うまく行かない・・・」と感じる時ほど、動いた方がいいと思います。

「何を、どう動いたら良いか?」は、
既に、このブログに色々記載してますので、
興味がありそうなところを適当に見てみて下さい。

naiteijuku.jpg

絶対に、皆さんに合った企業、仕事は、どこかにあります。
宝箱は、自分で動いて探さなければ見つかりません。
誰かが持ってきてくれることはないのです。

自分の歩みを止めず、
自分に合った宝箱を、是非、見つけてほしいと思います。





■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

ブラック認定を受けた企業を捨てるな!その理由は・・・・

靴・スニーカー・シューズ販売専門店のABCマートが先日、
違法な長時間労働をさせていたとして、
労働基準法違反の疑いで書類送検されたのは既に有名な話ですが、
就職活動する皆さんが、
このABCマートに対し、どう反応するか!?
ということに私はとても興味があります。

おそらく、ほとんどの人が、
「ABCマートには応募しない」
という選択肢を選ぶでしょう。

なぜならブラック企業という認定を受けた企業だから・・・

でも、私の意見は違います。


正直、企業を選ぶことができる高学歴、高キャリアの人は、
あえて選択する必要もありませんが、
低学歴やキャリア形成ができていない人は、
ABCマートのような
ブラック企業のレッテルを貼られた企業こそ、
チャンスだと思います。


その理由は

まず、こういったブラック企業のレッテルを貼られた企業は、
応募数が下がり、ライバルが減る

ということです。

つまり競争倍率が単純に下がるので、受かりやすくなる。
ということです。

さらに、こういったブラック企業のレッテルを貼られた企業は、
精神的にダメージを受けている可能性は高いので、
その企業を心から応援する姿勢で応募すれば、
良い印象を与えやすいということもあります。

弱っている人が、勇気づける言葉をかける人を邪険にできるでしょうか?

どちらかというと叩く人が多い中、
支持する姿勢を前面に打ち出すことができれば、
是非一緒に働く仲間に!という気持ちになりやすいでしょう。

人気のある企業は誰でも良いこと言いますが、
人気が無い企業や、人気が落ちている企業に
あえて良いことを言う人はなかなかいません。

そもそもやっている事業に興味がない企業であれば、
当然、応募はしませんが、
事業や仕事に興味があるのであれば、
ここぞとばかり、周囲がその企業の悪いことを言う何倍もの良い部分を
調べて見つけ言葉にして、
面接でアピールしたいところです。


「お前はブラック企業に入ることを勧めるのか!」

という意見もあるでしょうが、

私は、まったくブラックではないという企業を見つける方が難しいと思っています。

しかも低学歴、低キャリアの人が、
ブラック企業じゃない企業で働くことができる可能性は、
非常に低いと思っています。

色々な人の実態話を聞いても、
まったくのホワイト企業という企業は、ほんの僅かです。
まあ、既得権に守られた業界を中心に、その数は非常に少ないと実感しています。

であれば、今回のABCマートのように、
公的にブラック認定された企業の方が、
よっぽどいい環境で働くことのできる可能性が高い

と考えています。

なぜなら、ABCマートは、今回の事件で、
本当に改善の行動をしていく可能性が高いからです。
(※会社としては、もう改善していると広報していましたが・・・・)

今回のABCマートのように公表されることのない企業は、
いつまでもブラックの実態を改善しない可能性があります。

ABCマートは、これだけ世間に注目されれば、
100%とまでは断言できなくとも、
かなり高い確率で実態の改善をするでしょう。

つまり、これから入社する人はブラックじゃない環境で働ける可能性が高い!
ということです。

人気が落ちて倍率が低くなって入りやすくなっている企業が、
実は働く環境も著しく改善されている。

そんな企業への応募を、
低学歴者、低キャリア者がやすやすとスルーしていいのでしょうか?

今回の事件による悪印象で、
業績ダウンや経営がマイナスに傾くリスクも無いとは言えませんが、
その対象となる会社の地力が認められるなら、
行っているビジネス、事業の実態が、ちゃんと価値あるものであるならば、
必ずどこかで回復していくものだと思います。

私は、ABCマートについては、
ビジネス、事業の価値の実態は、十分にあると思うので、
今回の事件によって、一時的にマイナスになっても、
いつかは回復することになると思っています。
※あくまで個人的予測ではありますが・・・

ですから、私は、
就職先が限られている低学歴、低キャリアの就活生であれば、
必ず就職するかどうかは別にしても、
公的にブラック認定された企業については、
その企業のビジネス、事業の本質に価値があるのであれば、
前向きに積極的に受けに行く企業として検討するべきだと思います。

誰もが受けたい、内定をもらいたいと思う企業に、
低学歴、低キャリアの人材が挑んだところで、
結果は、残酷な現実を突きつけます。

低学歴、低キャリアの人材が就職を勝ち取るには、
皆が注目していないところに注目する、
皆の逆を行く、
皆が力を入れていないところに力を入れて差別化する、

等の工夫が必要です。

周りと同じような一般的な反応、行動をしていては、
良い結果は掴み取れません。

是非、悪い報道がされた企業こそ、
冷静に注目してみて、
本当に、報道されている通りなのかどうかを分析して、

自分自身の行動を、自分の意思で決めることをお勧めします。





■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

欲しい商品を探すならamazon!
プロフィール

先崎 進

Author:先崎 進
三流大学卒業後、甘い考えで就職した会社を甘い考えで1年で辞め、フリーター生活へ。
2年後、社会人となるべく就活するものの、待っていたのは厳しい現実。
そこからなんとか就職し、総務部にて猫のフン拾いの仕事等からスタート。
そこから紆余曲折を経て、事業責任者、人事責任者、研修トレーナー、上場企業の執行役員などを経験しているキャリアカウンセラーです。
自分と同じように、低学歴でも、フリーターでも、途中挫折してしまっても、投げ出さなければ大丈夫!ということを大切に、就職、転職、キャリア作りに少しでも役立つ情報を提供できたらと思います。
モットーは「人に元気を!」

就職・転職支援
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

キーワード関連記事を表示

どんな質問を投げかけるか 行動 偏差値30 勉強 入社3年後の離職率 人間関係 既卒 ジョハリの窓 求人広告 差別化 小さい規模の企業で働くことのメリット 入社3年後離職率 ヤングハローワーク 会う 就職活動のストライクゾーン 中小企業 企業情報 キャリア形成 OB、OG訪問  フリーター就職支援 B_to_B ジョブカフェ 説明会 就職情報サイト 就職支援会社 フリーター 人気企業 社風・カラー 足切り 会話のポイント 優良企業 あくなき創造 逆転の発想 グッドカンパニー大賞 菊池桃子 自己分析 株主 ナジック・ワークプレースメント 業界 学歴と仕事 平均年齢 キャリアセンター 重要なポイント 会って勝負 ライティングホルダー やりたいこと 合う空気 レポート 福利厚生 内々定者の体験談 会社選びに一番大切なこと キャリアカウンセラー 人材紹介会社 26歳 入社1年目 当たり前のレベル 低学歴 マナー 就職四季報 初任給 資格 人気ランキング 人気企業ランキング 適性検査 自分に合う業界 ルーズリーフ 会社の価値観 中小 笑顔 就職内定率 ハードワーク 視野、視界を広げる 就活本 投資信託 挨拶 ミートボール 三行提報 内定の可能性 熱意 覚悟 従業員300人未満 投資活動 人気企業での足切り 社員の定着率 仕事観 ベンチャー 簡単なこと 社会の現実 職人的スキル 退職理由 フィードバック 求人倍率 行動意欲 ソーシャルプリンティングカンパニー 他己分析 平均年収 未経験者 やる気 就職弱者 大学卒の離職率 元気なモノ作り中小企業300社 キャリア教育・就職支援協力団体 平均勤続年数 勿体無い ハローワーク 企業を見るプロ セミナー 無料の就職支援講座 OB・OG訪問 日本経済新聞 面白い 主体性 ブラック企業 好き 基本 事実 第二新卒 キャリア構築 リラックス 隠れた優良企業 行動を変える 就職活動 企業分析 情熱 大手 株の情報誌 就労体験型学生派遣 言葉遣い 

IEを使っている方は、こちらから「お気に入り登録」ができます。
facebook
Susumu Sakizaki

バナーを作成
就職、転職、キャリア作りに悩む方、どなたでも友達申請OK!役立つ情報共有していきましょう♪
メルマガ
メルマガ購読・解除
就職弱者の就職・キャリア作り支援マガジン
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
ツイッター
あると便利な就職四季報
業界別求人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。