就活で高額セミナーに参加する必要無し

本日、2018年2月12日の日経新聞の1面に、
「就活生の不安あおる商法、契約取り消し可能に、若者を保護、法改正へ」
という記事が掲載されました。

とても良い流れだと思います。

変な高額セミナーなんかに出なくても、
優良な情報を手に入れる方法はいくらでもあります。

就活支援のセミナー全てが悪いものだとは思いますが、
社会人と違って、それほどお金を持てない学生を相手に、
ちょっとこれは高くないか?と思うような金額を取るセミナーには、
参加する必要が無いと思います。
そんなビジネスモデルを作る会社そのものが信用なりません。

不安あおって、自分に投資することの重要性を解いて、
こういった自分への投資を怠っていたから、今がこうなんだ。
変わるためには、まず自分に投資することから始めよう!
なんてパターンだったり、
このセミナーに通って、これだけ成功した人がいるだとか、
実際にセミナーの卒業生で良い就職をした人がゲストに来て勧誘したりだとか、
まあ、色々な手口で、契約を進めようとしてくると思いますが、
ちょっと怪しいと思ったら、堂々と断ってほしい。

就職弱者は、ただでさえ不安を抱えやすいので、
不安をあおられたら、
力を持っていそうな人の言いなりになってしまう人も、少なくありません。

もし高額セミナーに誘われて興味をもったとしても、1回冷静になって、
今通っている大学で、有効なセミナーは無いか。
ネットで、就活支援セミナーを色々調べて、他のセミナーと比べてどうなのか。
等、当たり前のことですが、比較検討をしっかりしてみてほしい。

実際の就職活動でも、うまいことばかりいって、
経験値の低い学生を騙して、無理くり自社に入社させようとする採用担当もいなくはありません。

自分でしっかり情報をとって冷静に判断する。

ということは、就職活動全般に必要なスキルになります。

就活で圧倒的に損をするのは、就職弱者以上に情報弱者です。

安易かつ衝動的な感情だけで、就活を進めないよう気を付けてほしいと、
心から願います。



■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

2018新卒就活説明会解禁

ついに2018新卒の説明会が解禁され、学生就活本番ですね。

人事の方々、人材業界の方々から多く聞くのは、
今年もやはり「学生優位」という声です。

学生の皆さん、おめでとうございます!

2018卒の学生の皆さんの多くは、かなり楽観的と聞きます。

卒業する時には、就職氷河期だった自分には、とても羨ましい話です(笑)

ただ、「学生優位」の状況だからこそ、気を付けなければいけないことがあります。

それは、



思ったより簡単に企業から内定が出てしまうことで、
自分自身と企業の深堀りをしないまま
安易に就職先を決めてしまう

という非常にリスクの高い行動を行ってしまう可能性がある
ということです。

この行動をしてしまうと、入社してこんなはずではなかった・・・・
というアンマッチ就職の可能性がものすごく高まります。

自分の適性、価値観にあっていない会社や仕事に着くことは、まさに
「地獄の始まり」
だと思ってください。

面接した社員が良い人だったから入社を決めたというベンチャー企業が、
ブラック企業で更に1年後に倒産する、なんてことは普通にあります。

入社してから、仕事で少し嫌なこと、辛いことがあった時、
それが本人にとって越えなければならない壁にも関わらず、
また、本人にとって良い環境だという事実があるにも関わらず、
簡単に決めてしまった会社だけに、すごく浅はかな考え方で、
もっと自分には合う会社、仕事があるのではないか、
もっと条件、環境の良い会社があるのではないか、
という「隣の芝生は青い現象」に陥り、
結果、すぐに会社を辞めてしまって、
キャリアを台無しにしている方も、自分は多く見ています。

最初に入社する会社は、社会人としての基礎力を養う場でもあるため、
最初に入社する会社を安易に決めてしまうことは、
中長期的なキャリア形成の視点からも、大きなリスクがあるということを分かってもらいたい!!
と思います。

「学生優位」だからといって安易に決めるのではなく、
是非「学生優位」という素晴らしい状況を活かし、
たくさんの会社と接して下さい。
たくさんの人と会って、話して下さい。


たくさん行動することで、自分の価値観が整理されますし、
働くということや、社会人になることに向けての、自分自身の課題も明確になってきます。

内定をもらうことが重要なのではなく、
自分に合った会社に入社し、入社してから活き活き働けること。
入社の先が重要だということを忘れずに、
就職活動をしてもらいたいと思います。



■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

2016.9.27 日経新聞で「就活、早めが大事」の記事掲載

2016.9.27 日経新聞にて、
「さあ就活、早めが大事、インターン、仲間作る好機、自己分析、友人の声反映(働く)」という見出しで、
就活の成功のカギは「早めの動き出し」にある。という内容の記事が掲載されました。

17年卒の学生で就活に成功した学生が口をそろえて言うのは、
インターン(就業体験)と自己分析ということらしい。

広報解禁は3月1日、面接解禁は6月1日というスケジュールに向けて、
いつにどんなことをやっておけばよいかという内容が、記事には具体的に書いてあります。

就職活動のイメージがグッと湧くことでしょう。

まだ読んでいない人は、是非、図書館とかで読んでみることをお勧めします。

できれば、これを機会に就活に備えて、
月曜日だけでも、駅で160円で日経を買って、
読み始めるというようなことをしてみてはどうでしょう。

月曜日の日経は、池上彰さんのコラムや、
今回のように就活の記事、学生向けの記事がある面があり、
経済指標の面もあるため、
日経を読み始めるのには、入りやすいと思います。

経済指標は、数値が何を示しているのかは、
こちらのサイトを参考にしてみてください。

https://www.nikkei4946.com/guide/nikkei/step/pop_indicator.html

日経の読み方、経済指標の捉え方等に興味を持ったら、
小宮 一慶さんの本を読んでみることをお勧めします。


小宮さんの本を読んで、日経を読めば、経済における情報の捉え方が一気に変わります。

このようなことを社会人になる前にやっておくことは、
他の学生や、社会人になった後に同期に対しても、差がつけられることにつながると思います。

どんどん行動にうつしていきましょう!!



■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

倫理憲章はやはり機能していなかった・・・

昨日2015.5.19の日経新聞にて、

「人材サービスのディスコ(東京・文京)の調べにて、
 2016年春の新卒採用で7月までに内定を出す企業が
 65%にのぼることがわかった。」

という記事が掲載されましたが、実際、仮内定ということを含めると、
もっと高い%で、実質の内定が出されるような状況のようです。

以前、このブログでも、
「倫理憲章に騙されるな!企業の採用の実態は・・・」という記事に書きましたが、

http://sakizakisusumu.blog.fc2.com/blog-entry-167.html

倫理憲章は、実態、機能していないことが明確になった感じです。

学生の視点からすれば、就職活動期間は以前に比べ、
残念ながら長くなってしまったのです。

7月までに内定が出た学生は、
失敗を恐れず、選考慣れもして自信もついた状況で、
倫理憲章を守る大手を受けることができるので、
優秀な学生にとっては、逆に恵まれた環境になったかもしれません。

かたや7月までに内定を得ることができなかった学生は、
いつまでも内定が出ない魔のスパイラルにはまる可能性を大きく持っています。

内定がなかなか出ない学生の皆さんは、
10月以降、大手を受かった学生が、
内定辞退することでできる隙間に入り込むチャンスを逃さないためにも、
自分がなぜ内定が出ないのかを理解する必要があると思います。

ぜひ周囲にいる大人の力をかりて、
自分の行動の何がいけないのかを理解し、
行動を少しでも変えてほしいと思います。

自分が評価される場に出ることを恐れてはいけません。

社会人になれば、極論、毎日が評価の場のようなものです。

この就職活動の段階から評価されることに慣れ、
うまくいかないことを修正できる能力を身につければ、
きっと社会人になっても活躍できます。

目の前の困難から単純に逃げず、
素直に自分と向き合って、
現時点では、できない自分を受け止めつつも、
自分には何かしらの才能、能力があることを信じて、
少しでも自身を成長させることに目を向けて、
未来を自らの力で作りにいってほしいと、心から願います。



■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

2015.5.18 日経新聞で「採用、君のここを見る」の記事掲載

今日の日経新聞の朝刊で、
「採用、君のここを見る」というテーマで、
大手5社の人事部長が、
どんな人材を採用するかを書いている記事が掲載されています。

三菱商事、旭化成、JR東日本、三井住友銀行、サントリーと、
まあ、高学歴ではないと入社できないような会社ばかりの記事ではありますが、
企業がどんな人材が欲しいのか
という点においては、大手も中小もさほど変わりはありません。

読んでおけば、就職する前に、
どんな経験、学習をしておけばいいのか、
分かると思います。

書かれている内容に、目新しいものはありませんが、
それは結局、いつの時代になっても、
企業が人材に求めることは変わらないということ。

つまり、今回の記事で書かれているような視点において、
経験、学習を積めば、必ずどこかには入社でき、
さらにその会社で活躍できる人材になれる可能性が高い!
ということでもあると思います。

図書館等で5分時間をとって、
一度、記事を読んでみたらどうでしょう?



■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング
欲しい商品を探すならamazon!
プロフィール

石川大成

Author:石川大成
三流大学卒業後、甘い考えで就職した会社を甘い考えで1年で辞め、フリーター生活へ。
2年後、社会人となるべく就活するものの、待っていたのは厳しい現実。
そこからなんとか就職し、総務部にて猫のフン拾いの仕事等からスタート。
そこから紆余曲折を経て、事業責任者、人事責任者、研修トレーナー、上場企業の執行役員などを経験しているキャリアカウンセラーです。
自分と同じように、低学歴でも、フリーターでも、途中挫折してしまっても、投げ出さなければ大丈夫!ということを大切に、就職、転職、キャリア作りに少しでも役立つ情報を提供できたらと思います。
モットーは「人に元気を!」

就職・転職支援
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

キーワード関連記事を表示

好き 会社の価値観 就労体験型学生派遣 就職四季報 就職情報サイト フリーター 第二新卒 ジョブカフェ 差別化 資格 初任給 行動意欲  従業員300人未満 入社1年目 日本経済新聞 就職活動のストライクゾーン ミートボール 求人倍率 フリーター就職支援 レポート キャリアセンター 就職支援会社 社員の定着率 勉強 就職内定率 リラックス 平均年齢 社会の現実 入社3年後の離職率 人間関係 勿体無い 平均年収 会社選びに一番大切なこと 大学卒の離職率 会って勝負 OB・OG訪問 未経験者 就職活動 基本 やる気 ブラック企業 逆転の発想 企業情報 隠れた優良企業 ベンチャー 株主 重要なポイント 適性検査 合う空気 マナー フィードバック 退職理由 求人広告 視野、視界を広げる ハローワーク キャリアカウンセラー 内々定者の体験談 言葉遣い 就職弱者 主体性 ルーズリーフ 熱意 会う 自分に合う業界 当たり前のレベル 業界 セミナー 優良企業 26歳 人気企業での足切り ライティングホルダー 元気なモノ作り中小企業300社 株の情報誌 内定の可能性 就活本 人気企業ランキング OB、OG訪問 仕事観 人材紹介会社 人気企業 情熱 偏差値30 ナジック・ワークプレースメント 企業分析 三行提報 学歴と仕事 覚悟 入社3年後離職率 既卒 面白い 人気ランキング ヤングハローワーク 大手 説明会 キャリア形成 社風・カラー 菊池桃子 ソーシャルプリンティングカンパニー 職人的スキル 企業を見るプロ 小さい規模の企業で働くことのメリット 他己分析 中小企業 会話のポイント 挨拶 やりたいこと ジョハリの窓 平均勤続年数 行動を変える 行動 笑顔 どんな質問を投げかけるか 中小 投資活動 あくなき創造 投資信託 低学歴 簡単なこと 福利厚生 キャリア教育・就職支援協力団体 グッドカンパニー大賞 無料の就職支援講座 足切り ハードワーク 自己分析 B_to_B 事実 キャリア構築 

IEを使っている方は、こちらから「お気に入り登録」ができます。
ツイッター
あると便利な就職四季報
業界別求人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスランキング