スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

フリーター、未経験転職は〇〇歳の壁を意識しよう

今、私は中途採用や、採用した人材の初期教育に携わっているのですが、
景気も悪くなく、どこも人手不足で売り手市場ということもあり、
フリーターから正社員だったり、
未経験職種に挑戦応募するということが、しやすい環境であると感じています。

ただ、分かってもらいたいのは、
今のような求職者にとって有利な状況は、いつまで続くかは分からないし、
何歳になっても、このような環境があるという勘違いは絶対してほしくない!
ということです。

実際に、フリーターから正社員、未経験転職は、
普通に正社員として雇用されることを考えれば、
採用年齢の実態は、
28歳まで
というのが自分の感覚です。

これが不況になった瞬間に、
年齢は更に下がって、26歳くらいになる可能性は当然、
そもそも、未経験、フリーターは正社員採用しないという決断をする
企業が増えてもおかしくありません。

※なお、正社員ではなく、
 ずっと雇用を約束しない契約社員、出来高制を重視した正社員契約、
 任せる業務に合わせて金額を変更する業務委託契約、
 独立する等は、この年齢基準はあまり当てはまりません。
 あくまで、普通の企業に正社員採用されるという観点で話した場合のみです。


自分の周囲の人事の方々に聞いても、
ネットで調べてみても、
そのような意見は多いと思われます。

30代は、自立して、自身の知識、経験、専門性を活かして、
組織や会社を引っ張っていく立場で仕事をしていくもの。
だからこそ、20代のうちに、
自身のビジネスパーソンとしての土台、
何かしら、組織の利益貢献につながる得意なことや、できることが、
明確に作られていないと、
30代からの自立した活躍が難しい。

という考えが、だいたいの組織、管理職にあたるような人にはあると思われ、
未経験から、何かしらの土台を作っていくのに、2~3年かかることを考えれば、
未経験の採用は、28歳がぎりぎりの採用と考えることが多い
というのが、実態なのではと思います。

実際には、色々なことに挑戦したり吸収したりする力は、
年齢にはあまり関係なく、
20代が吸収の時期で、30代が自立、活躍の時期というのは、
新卒社員に求める理想のキャリアプランの幻想であり、
結局のところ、自立した活躍ができるかどうかは、
年齢ではなく、人による。
と私は思っています。

ただ、30代に近づく、30代になって時が経過する中で、
自立できるビジネススキルの土台を作り上げる前に、
変な仕事観、習慣がついてしまう可能性は高く
歳をとると同時に、
体力や心のエネルギーが若い頃より低下してしまうことや、
年長になっていくことで、
組織で自分より若い連中と関わることが多くなる環境の中で、
変なプライドが邪魔をして、自分を否定しづらくしてしまうことで、
染みついてしまった、その変な仕事観や習慣を変えることができず、
いつまでたっても、負のスパイラルから抜け出せない
というリスクを抱えがちであることも事実だと思います。

しかも、日本では、
おおよその企業では、新卒重視の採用のため、
それなりに経験を積んだ、
20代後半~30代前半くらいの人材が、
何かしらの役職につきはじめ組織を引っ張っていく役割を担っていくことが多く、
年功序列の意識も高い日本企業では、
若くして何かを任せようとしている人材の下に、
任せようとする人材よりも年上で更に経験値が低い人材を入れるということは、
人間関係のバランスを考えるうえでも、
なかなか決断しにくいことだと思われます。

そのようなことからも、
フリーターからの正社員や未経験転職は、
28歳までが一つの基準になっているというのは、
よほど雇用に対する価値観の変革が無い限りは、
なかなか揺るぎようのない事実だと思われるのです。

ですから、
フリーターをしてでも、追い続けたい夢に挑戦すること、
未経験でもやってみたいと思うことに挑戦することは、
とても尊いことではあるとは思いますが、
かたや現実にも向き合い、
フリーターという状況、未経験職種に挑戦するということについて、
28歳という年齢期限を一度、設定してみてはどうかと思うのです。

実際に、28歳になった時に、必ずフリーターを辞めろということでもなく、
28歳以降に未経験転職はNGという訳でもありません。

人生は、その人のものですから、
どんな決断を下そうが、受け入れるのはその人自身なので、
それこそ、その人のライフプランに口出すことは、余計なおせっかいというものです。

ただ一度、28歳という年齢を意識して、
そこの期限を設けることで、自分自身の今の意識・行動について変えるべきことはないか。
と、現実に向き合うことは大切だと思うのです。

夢を追っているなら、その夢に対して、本気で行動しているか。
未経験の職に憧れているなら、
その未経験の職に、本気で挑戦しようという覚悟はあるのか。
ただ憧れのままにしておくことで、
今の仕事に本気で向き合わないことの言い訳にしていないか。
等々、
28歳の現実に本気で向き合うことで、
今の自身の行動が少し変わることこそが、重要になると思います。

28歳の現実なんて、どうでもいい。
とにかく、自分はこのやりたいことをやってやる!と、言い切れる人には、
全く関係の無い話です。
そういう方には、とことんやってほしい!!

ただ、そこまで言い切れない人には、
一度、28歳という壁が現実的に存在する事実と向き合ったうえで、
今後の自身の行動を考えてみることをお勧めします。





■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング
スポンサーサイト

【theme : フリーターからの正社員への就職
【genre : 就職・お仕事

20代のフリーター、既卒、第二新卒の就職可能性を高めてくれる無料就職支援講座の情報です。

20代のフリーター既卒第二新卒に向けて、
株式会社ジェイック
という会社が、
無料の就職支援講座
“JAIC営業カレッジ”
という講座を開講しています。

詳細はコチラです

http://www.naitei-get.com/lp/index_011_22.html

その講座では、
履歴書の書き方や面接対策、
自己PR、企業の選び方、
ビジネスマナーや営業体験といったところまで、
学ぶことができるようです。

しかも、期間は10日間で費用は無料

とても良い支援だと思います。

また、この支援は、
営業職につくことを前提とした支援になっています。

営業は全ての仕事の基本ですし、
営業のスキルは、一生使えるスキルです。

そういった意味でも、
社会人としてのスキルが未熟な、
フリーター既卒第二新卒の皆さんが、
営業を入口として就職することは、
キャリア構築の第一歩
として、
とても良いことだと思います。

営業第一歩

ただ注意して欲しいことは

講座を受けた後の会社選び

です。

この支援について、費用が無料なのは、
この支援を受けた人材を、
提携企業に紹介することを前提に、
提携企業からお金をもらっているからです。

ですから、当然、
講座終了後、紹介、推薦されるのは、
提携企業が中心となるはずです。

そのため、
自分自身で、
どんな会社で働きたいと思うのか、
どんな仕事をしたいのか、
ということを真剣に考えて、

意思を持たない限り、

優先的に紹介されたり、
勧められたりする提携企業に、
なんとなく就職してしまう

ということもありえます。

そうすると、
自分と合わない企業に
向かってしまう可能性も高い。

それで、すぐに辞めてしまっては、
何の意味もありません。



紹介、推薦された内容を、
そのまま受け止めるだけでなく、
自分でも会社を調べることが
とても大事です。


紹介、推薦された会社だけでなく、
自分の力でも、企業を探してみましょう。


受身ではなく、主体的に動く。

そうすることで、
社会人に必要な力が鍛えられますし、
自分にあった会社に就職できる可能性を、
より高めることができます。

焦って決めたり、
自分で考えることを放棄して、
言われるがままに就職を決めてしまうのではなく、
しっかり自分の考え、価値観を持って、
企業選びをしてほしいと思います。




■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : フリーターからの正社員への就職
【genre : 就職・お仕事

tag : 無料の就職支援講座 フリーター 既卒 第二新卒

ハードワーク企業とブラック企業の違いとは?

フリーターには、
ハードワークの企業の就職をお勧めするというのが、
私の考えなのですが、
決して、それは、
ブラック企業をお勧めしている訳ではありません。

ハードワークの企業とブラック企業、
何が違うのか。

長時間労働というところは、
さほど違いは無いのですが、
ポイントはズバリ、
そこで働く「人」です。

他には評価が適当とか、休みが本当に無いとか、
そんな基準が色々あるのですが、
何よりも自分は「人」だと思っています。

仕事がきつくても、厳しくても、
そこで働く「人」が良ければ、
耐えられる可能性は高い。

仕事も覚えるし、成長もする。

しかし、
そこで働く人が酷ければ、
成長する前に、ほぼ精神的にやられます。

仕事がきついのに、
パワハラがあったら、どうなりますか?

仕事がきついのに、
人間関係が非常に冷めていたら、どうなりますか?

ですから、会社の選考に行った時に、
見るポイントは「人」です。

面接に行ったとき、
そこで働く人の顔、雰囲気をできる限り見て下さい。


顔や雰囲気に、活気があるならOK。

死んだような顔、澱んだ雰囲気はNG。

活気がある会社ならば、
周りの人に引きずられて、
ハードワークも結果、
耐えられてしまうということがあります。

仕事はきつくても、同時に、
会社が成長していく可能性も高い。

死んだような顔している人が多いのは、
パワハラ的なことがあったり、
人の関わりがあまりなかったりする場合が多い。

正直、会社の本当の実態は、
入社してみないと分かりませんが、
働いている人の雰囲気、表情をチェックする程度は、
面接時にできるはずです。


そんなわずかな間で、
少なくともヤバイ雰囲気を感じた場合は、
ブラック企業である可能性は高い。

そういった会社は避けた方が無難です。

「人」が良い会社だったら、
なかなか辞めないから、
そもそもフリーターが採用されないのではないか?
という意見もあるとは思いますが、
仕事がきつければ、
「人」が良くても、いずれ辞める人はでてきます。

私が言う「人」が良い。
というのは、決して優しいとか甘いとか言うわけではなく
厳しいのだけど、ちゃんと育てるという視点をもって、
関わってくれる
という意味です。

基本、長時間働いているのに、
厳しい要求をされることも多いので、
やはり、それに耐えられなくて辞める人はでてきます。

ですから普通の企業よりは、採用されやすいはずです。

ちなみに、
ブラック企業にいる酷い人というのは、
育てる視点とかがなくて、
自分の感情だけで部下を怒鳴ったり、評価をさげたり、
暴力をふったりするのです。
そして、仕事とは関係ない私用でも、
部下を平気で使ったりするのです。

こんな人がいるブラック企業は、
1日や1週間もしないうちに辞めるというようなことが頻繁です。

ですからブラック企業には、非常に採用されやすい。

しかし、ブラック企業に入ってしまうと、
人間にとって、一番大切な健康について、
身体も心も壊してしまう可能性があります。

ブラック企業で耐えられた場合につく精神力の強さは、
自分の周囲を見ても、ハンパではなく、
一生の武器になるといっても過言ではないとは思いますが、
さすがに誰にでもお勧めできるものではありません。

やはりできる限りブラック企業は避けてもらうのが無難です。

とはいえ、就職する前に、その企業が、
ブラックかそうでないかを
100%調べることは不可能です。

もし、ブラック企業に入ってしまったら、
自分の心とよく相談をしながら、
辞めるかどうか判断して下さい。

耐えた時に得られるものもありますが、
大きなものを失う恐れもあります。

続ける価値が無いと判断すれば、
無理をし続ける必要は無いと思います。

どうせフリーターだったのですから、
辞めたところで、経歴が汚れようにも、
それ以上の汚れようが、あまりありません。

開き直りすぎて、
辞めることが癖になっては困りますが、
ちゃんと探していけば、
フリーターも受け入れてくれる、
ブラックとまでは言い切れない
ハードワーク企業が必ずあるはずです。

なんとかして見つけ出しましょう。



■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : フリーターからの正社員への就職
【genre : 就職・お仕事

フリーターが就職を成功させるための未経験ハードワーク戦略とは?

フリーターからの就職活動は、
本当に容易ではありません。

フリーターからの就職活動を経験した私は、
その厳しさを、よく理解しているつもりです。

まず書類選考が最初にあるところは、ほぼ通りません。

会ってくれたうえでの書類選考ならともかく、
会う前に書類選考があるところは、
ほぼ、履歴書を書く時間が無駄になると思います。

では、どうするか。

求人広告から、
未経験者歓迎」かつ
「書類選考無し」の企業を探します。

求人広告も、
未経験者採用の情報が多く、探しやすい
リクルートの
はたらいくフロム・エー社員ナビ
エン・ジャパンの「ちゃれんじ!はた☆らく」
あたりで探すのがオススメです。

このサイトに出している情報は、
アルバイト情報とセットになっているので、
フリーターの受け入れも寛大な傾向があります。

おそらくフリーターが応募することは、
掲載企業も想定範囲内だと思います。

単純に、
フリーターでも就職できる可能性のあるところをねらう!
ってことですね。


そして、
これは賛否両論あるとは思いますが、
ハードワークそうな会社を選ぶ」
ということです。

ハードワークな会社は人が辞めていきやすい。
もしくは成長していて人が不足しているから、
ハードワークという可能性がある。

つまり採用されやすいということです。

しかもハードワークなところは、
色々な仕事をめいいっぱいさせられますから、
フリーターとして空白だったキャリアを、
実務で一気に埋めることができます。

更に、
そこの「ハードワーク」をこなすことができれば、
社会人として一番必要な、
仕事へのストレス耐性ができます。

そこの会社がハードワークかどうかは、
色々調べる方法がありますが、

面接で、
「仕事はハードですか?残業はどれくらいですか?
 できれば私は、人より遅れた分を取り戻す為に、
 ハードな環境を望みます。」
と聞けば、
結構、本当の実態を教えてくれて、
自分についての好印象を与えることもできます。

だって、普通はハードワーク嫌がりますよ。
普通残業聞く人は、少ない残業時間の答えを期待してますよ。


それが、
「ハードワークも残業も歓迎します!」
と言われたら、採用担当者には高確率でうけますって。

これは、私自身のフリーターからの就活経験と、
実際に人事担当としての経験、両方から言えることです。

普通の人のを行く。

フリーターが勝つ道は、この方法しか無い!
といっても過言ではありません。

ハードワークするところをすすめる
なんてとんでも無い。

という方もたくさんいるでしょう。

そんなハードワークさせる企業を野放しさせるから、
労働者の労働環境が良くならない。
など、色々な反対意見もあると思います。

それは、それでその通りだと思うのですが、

でも、誰もが働きたいと思うような、
素敵な労働環境が用意されている企業に、
フリーターが現実的に就職できることは、
ほぼ可能性として奇跡に近いことです。

まず、そういうところは人が辞めません。

しかも、いい環境の企業には、
たくさんのいい人が求人で応募します。

その中で、どうやって
フリーターが勝つのでしょう。

そんな方法があったら教えて欲しいです。

強烈なキャラクターの持ち主以外、
そんなところで勝てるフリーターはいません。

フリーターは、本当に不利なのです。

その不利が嫌だったら、
フリーターにならないことが一番なのです。

フリーターが、就職できる可能性が高く、
しかもその後、
キャリアがつくっていける可能性が高いのは、
ハードワークの企業です。

いちかばちかのところはありますが、
ハードワークが耐えられて3年たった時、
フリーターの時には見えなかったものが、
だんだんと見えてきます。

ハードワークに耐えられた自分に自信がつき、
色々な仕事をやることで実務を覚え、
仕事のストレス耐性ができるため、
他の企業でも通用する力ができるのです。

そうでもしなければ、元フリーターの人間が、
普通に就職して無難な道を進んでいる他の社員に、
勝つのは難しいと思います。

学生の就職活動で勝てなかったところを、
社会人としての実務量と泥臭さで勝つことを、
まず目指すのです。

万が一、
「ハードワークに耐えられなくて辞めた」
としても、
元はフリーターですから、
多少、経歴が汚れても、
ただフリーターの経歴と比べて、
何が変わるというのでしょう。

正直、評価は、さほど変わりは無いと思います。

通常の就職をしている人と比べて、
失うものは少ないのです。

ですから、私は、
ハードワークの会社をすすめます。

とはいえ、選び方の注意事項はあります。

失うものは少ないといえども、
できる限り辞めない方がいいので、
ブラック企業には注意しなければなりません。

それは、また別に書きたいと思います。



■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : フリーターからの正社員への就職
【genre : 就職・お仕事

tag : フリーター ハードワーク 未経験者

脱フリーターを目指すために未経験採用、26歳の壁を知ろう!

フリーターになってからの
就職活動は、本当に大変です。

ただでさえ、
就職するのはなかなか簡単なことではないのに、
フリーターだったというだけで、
マイナス評価からのスタートになってしまうのです。

フリーターとしてやっている仕事が、
実際は、そこらへんの正社員とほぼほぼ変わらなくても、
正社員の経歴じゃないというだけで、
採用選考における評価は、ほぼマイナスです。


フリーターの評価は、めちゃくちゃ低いのです。

ムカつきますが、
この現実は変えられません。

フリーターを経験した採用担当者が、
ほとんどいないということも、
この厳しい現実を変えられない原因だと思います。

フリーターの期間が長ければ、長いほど厳しい。

年齢が高いと、更に厳しい。

特に年齢は、
26歳を超えだすと一気に厳しくなる
というのが、自分の実感です。

人材業界で仕事をした時、
未経験者の採用は26歳までという表記が
やたら多いことに気づきました。

何故だか、27歳以上だと、
よっぽど人員に困っている状況でない限り、
ある程度の経験があって、
多少なりとも即戦力となる人員でないと
採用しない傾向があるように思えます。

何故26歳までなのか。
よく分からないのですが、
27歳という年齢が、
現役大学生の新卒入社社員の5年目、
二浪した大学生の新卒入社社員でも3年目
にあたる年齢であり、
おそらく一人前に仕事をこなしているであろう
ということを想像すれば、
未経験者が26歳までというのも、
いたしかたないのかと思います。

とはいえ、未経験者は26歳までとする、
明確な根拠、科学的証明なんて無いはずなのですが、
何故だか、「未経験者は26歳まで」
という企業が多いのです。

キャリアカウンセラー仲間の、
各企業の採用担当者と話していても、
現実的に未経験者は26歳まで
という話はよく出てきます。

実際、私がこのブログでリンクを貼らせて頂いている
フリーター就職支援の会社↓
正社員で働くなら【スタトレ】の就職支援!

についても、
支援の対象を26歳までとしています。

ですから、
26歳未満のフリーターの方は、
とにかく急いで正社員への就職を目指すことを
強くオススメします。

27歳以上のフリーターの方は、
相当厳しい現実が目の前にありますが、
とにかく、少しでも早く、
フリーターからは脱した方がいい。

フリーター期間は、キャリアとして一切見られません。

どんな仕事をしていようが、
正社員で働けば、
キャリアとして見られる可能性が出てきます。

よほどの夢があって、
フリーターをやっているということ以外では、
絶対に、フリーターであることに、
慣れてしまっては、いけません。

後になればなるほど、未来が見えなくなります。

まずは、フリーターから抜け出そうという意思を、
是非、持ってください。

簡単に就職することは難しいですが、
やり方を考えれば、
未来を切り開くことは決して不可能ではありません。

有効な方法は、今後、このブログでも掲載していきますので、
まずは、少しでも早く
「フリーターから抜け出す」
という意思を固めて欲しいと思います。






■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : フリーターからの正社員への就職
【genre : 就職・お仕事

tag : フリーター 26歳 フリーター就職支援

欲しい商品を探すならamazon!
プロフィール

先崎 進

Author:先崎 進
三流大学卒業後、甘い考えで就職した会社を甘い考えで1年で辞め、フリーター生活へ。
2年後、社会人となるべく就活するものの、待っていたのは厳しい現実。
そこからなんとか就職し、総務部にて猫のフン拾いの仕事等からスタート。
そこから紆余曲折を経て、事業責任者、人事責任者、研修トレーナー、上場企業の執行役員などを経験しているキャリアカウンセラーです。
自分と同じように、低学歴でも、フリーターでも、途中挫折してしまっても、投げ出さなければ大丈夫!ということを大切に、就職、転職、キャリア作りに少しでも役立つ情報を提供できたらと思います。
モットーは「人に元気を!」

就職・転職支援
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

キーワード関連記事を表示

ハローワーク やる気 会って勝負 重要なポイント  人気企業ランキング ジョハリの窓 投資信託 就職弱者 第二新卒 あくなき創造 企業分析 入社1年目 他己分析 行動 当たり前のレベル 学歴と仕事 就職情報サイト 大手 平均年収 就職支援会社 ルーズリーフ 行動を変える リラックス 会う 仕事観 就労体験型学生派遣 日本経済新聞 やりたいこと 中小 キャリアカウンセラー 覚悟 退職理由 無料の就職支援講座 投資活動 ソーシャルプリンティングカンパニー キャリア形成 主体性 人気企業 マナー 偏差値30 ライティングホルダー 就職四季報 足切り 企業情報 セミナー B_to_B 自己分析 基本 勿体無い 三行提報 低学歴 元気なモノ作り中小企業300社 就職内定率 就活本 小さい規模の企業で働くことのメリット 笑顔 説明会 人気企業での足切り フリーター就職支援 熱意 グッドカンパニー大賞 未経験者 人間関係 情熱 適性検査 ベンチャー 求人倍率 フリーター 挨拶 人材紹介会社 菊池桃子 フィードバック OB、OG訪問 初任給 ハードワーク 内々定者の体験談 どんな質問を投げかけるか 求人広告 キャリア教育・就職支援協力団体 人気ランキング 逆転の発想 ブラック企業 入社3年後離職率 簡単なこと 自分に合う業界 言葉遣い 行動意欲 ジョブカフェ 視野、視界を広げる 面白い 入社3年後の離職率 業界 大学卒の離職率 キャリアセンター 就職活動 好き 勉強 社会の現実 職人的スキル ミートボール ヤングハローワーク 社員の定着率 福利厚生 社風・カラー 内定の可能性 ナジック・ワークプレースメント 合う空気 株主 会話のポイント 既卒 キャリア構築 平均勤続年数 会社選びに一番大切なこと 就職活動のストライクゾーン 中小企業 26歳 資格 企業を見るプロ 従業員300人未満 事実 平均年齢 OB・OG訪問 株の情報誌 会社の価値観 優良企業 差別化 隠れた優良企業 レポート 

IEを使っている方は、こちらから「お気に入り登録」ができます。
facebook
Susumu Sakizaki

バナーを作成
就職、転職、キャリア作りに悩む方、どなたでも友達申請OK!役立つ情報共有していきましょう♪
メルマガ
メルマガ購読・解除
就職弱者の就職・キャリア作り支援マガジン
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
ツイッター
あると便利な就職四季報
業界別求人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。