偏差値55以下大学就活生は必読!「凡人内定戦略」

今回、紹介させていただく、
「凡人内定戦略」



この本、
2012年京都の某大学を卒業した
・TOEIC未受験
・週の半分以上の講義を自主休講
・部活、サークルは未所属
・まともな資格は車とバイクの免許
・インターンシップなどの活動経験無し
・友達の数が片手未満
という著者が、
100回以上の自らの選考体験を経て、
「凡人でも内定がとれる方法」に気付き、
その方法を、、それはそれは分かりやすく、
まとめている本なのです。

実際に、この著者は、
3000人に1人の内定を勝ち取ったことをはじめ、
複数社の内定を得て就活を見事に成功させています。

ブログの連載をまとめたもののようで、
昔は、ブログも就活カテゴリで、1位を取り続けていたようですね。

本での語り口調も学生ノリで楽しいですし、
本が苦手な方でも、すらすら読める内容だと思います。

この本、実は、自分が目にしたのは随分前で、
とってもいい内容だったので、その時すぐ共有しようと思ったのですが、
一呼吸おいて考えた時に、躊躇してしまった理由があります。

それは・・・・



企業側にとっては、
決して好ましい内容が書かれていない!



ということなのです。

自分は、低学歴の学生を主に応援する立場でありながら、
企業の経営層を経験している立場の者でもあります。

企業の経営層からしたら、
こんなこと書いちゃうの・・・勘弁してくれよ・・・・
という内容が多く、
それを、推薦しちゃうのもどうなんだろう。
と思って躊躇しちゃっていた訳です。

でも、ここで踏み切る決断をしたのは、

低学歴学生の行動力不足に危機を感じていること。

低学歴学生は、社会、企業の嘘情報に騙されやすいこと。


学生の現状を耳にして、
その事実に向き合った時、
未来の日本を支える人材を、
社会で活躍し、成長し続ける人材を、
より増やしていくことのメリットを考えれば、
一企業側の都合なんて小さいことかな。。。

と思ったからなのです。


それでも、
この本が、単に裏テクニックを伝える本であれば、
絶対に紹介しなかったと思います。

読むことで、
就職活動に一番大事だと思われる、
また、今後の社会人生活に一番大事だと思われる

行動力

の重要性を理解できる
と自分は考えています。



たいした学歴もないうえに、何にもとりえがない。。。

どうせ、いい会社になんて就職できない。。。

などなど、
そんなネガティブなことを思う低学歴学生には、
まずは、一度、この本を読んでみて!

と思います。


人の性格、考え方は色々ですから、
この本に書かれていることが、
当然、すべての人に当てはまる訳ではありません。

が、

読めば、きっと、
何かしらの成長があるのでは。。。
と思います。

少なくとも、
この本を読んだという行動は
あなたの自信、経験、力につながるのだから。








■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

tag : 就活本 低学歴

就職活動必勝法がコミックに!!

たまたま最近目にした
「インベスターZ」という投資を題材にしたコミックに、
就職活動ネタがあり、
その内容がとても共感できるものだったので共有します。



4巻の最後から5巻の始めの方にかけて、
就活必勝法が描かれています。

少し内容に触れると

・就活生は株を買え
(→直接は言っていないが、
  章の題名にこう記載)

・就活のはじめは中小企業を受けろ

・就活とは人生の投資
 投資先を徹底的に調べるのは当然

というような記載があり、
その理由は、非常に納得のいくものです。

理由が気になる方は是非、一読してみてください。

このコミックの作者の三田 紀房さんは、
東大受験必勝法コミック「ドラゴン桜」で有名ですが、
「銀のアンカー」という就職必勝法コミックや


「エンゼルバンク」という転職、起業、キャリア形成に関係する
コミックも描いており、


就職活動する人達に、とても役立つ情報を提供してくれています。

もし、なかなか動き出せない自分や、
迷ったり、考えてばかりしまう自分がいたら、
ちょっと読んでみると、いいかもしれません。
きっと、何かしらの気付きが得られると思います。

で、何か一つでも、具体的な行動にうつせれば、
大きな一歩ですね!





■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

経済がよく分からないから勉強したいけど、何を読んだらいいか分からない人へ

最近、学生に、

「どんな本を読んだらいいですか?」

と聞かれることが多いです。

目的によって、
読んだらいい本は変わってくることが多いので、

「何を学びたいの?」

と聞くのですが、

その回答の中に、

「経済の基礎知識をつけたい」

というようなことがあります。


確かに、何も基礎知識がないのに、
一般紙の「経済欄」や日経新聞を読んでも、
何のことだか、さっぱり分からないでしょう。


そこで、
私がオススメする1冊は、

「経済ってそういうことだったのか会議」

です。



そうとう古い本なのですが、
今読んでも、ほぼ通用する内容です。

単純に、知識の羅列がされているのではなく、
専門知識を持つ竹中さんに、
佐藤さんという顧客側の気持ちを捕らえるプロが
質問することで、
専門すぎず素人すぎず、非常に良い塩梅で
知的好奇心をどんどん刺激していくような内容。

経済のあらゆることのさわり部分を、
絶妙に伝えていく感じ。

あとは、どんどん自分で掘り下げていける感を
残すようなところが、素晴らしいと思います。

分かりやすいということにプラスして、
この本を読んだ後、
もっと知りたいという欲求が出てきて、
その後の行動を促すような内容が、
他の本と比べて、
より良書だと思える点です。

この本を読むと、
そこから、新聞の経済記事を読むのが、
きっと楽しくなってくると思います。

経済が分からないという方。

経済が分かっているようで、
分かっていないかも・・・という方。

そんな方たちで、
経済を学びたいと思っている方は、
是非ご一読を。



■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

低学歴学生が良い会社に入るために必要な気付きがつまった本「偏差値40から良い会社に入る方法」

上武大学の経済学の教授、
田中秀臣氏が2009年に書いた本。

「偏差値40から良い会社に入る方法」


本のネーミングが上手い。

2009年の本ということですが、
本に書かれている内容は、
今、就職活動している学生全般に
十分に役立つ内容が多いと思います。

自身の経験から、
特に偏差値が低い学生の特徴をとらえ、
そのままではいけないよ!という
メッセージは強く投げかけており、
低学歴学生に向けた愛情を感じます。


書かれている内容については、
自分と同じような意見もあれば、
違う部分もあります。


この本で、田中氏は、
偏差値60以下は、
皆同じようなチャンスがあると言っています。

これは、ある意味あってるけど、
ある意味、間違ってる。と自分は感じました。

確かに旧帝大、早稲田、慶応の超上位校と、
その他の差は大きく、
その他の中での差は、
それほど大きくないかもしれない。

でも、やはりその他の中でも、
差があるのは事実。

田中氏は、低学歴学生を勇気付けるために、
書いた部分が多少はあるとは思うのですが、
私は、低学歴学生には、

現実を甘くみない方がいい!

だから絶対に自分より上位校にいる人より、
動かなければいけない。

ということを伝えたいと思います。



この本では、低学歴学生の特徴として、

戦略と意欲が低い。

内定を1社で満足してしまう
しかも、その会社はブラック企業であることが多い。

人との接触機会が少ないから、
面接に耐えられない。

企業分析をあまりしない。


などのように書いており、
これは、かなり当てはまる事実だと思いました。

つまり、このあたりを改善すれば、
全然、低学歴学生でも、
良い会社からの内定がもらえる可能性がある。

ということには、私も同じ意見です。

実際、似た内容の記事を、私も既に書いています。

その問題に対する具体的方法について知りたい方は、
私のブログか(笑)
この本を読んでみてください。

さすがに、この本で書かれている、
具体的対策部分について、ここで色々書いちゃうと、
著作権の問題に触れてしまうので(笑)

この本、良い本だと思うんですが、
少し残念なのは、
題名が題名のわりには、内容が、
誰に向けて書いた本なのかが少し曖昧なんです。

最初は完全に学生向けな感じなのですが、
途中から、
大学関係者やキャリアカウンセラーのような、
学生を支援する立場の人向けの内容に
なっている感じがします。

ですから学生が読むと、
途中、違和感がある内容が
結構あると思われます。

一番、読みやすいのは、学生とよく接している
キャリアカウンセラーの人達かもしれません。

「自分で考えろ!」
というアドバイスは暴力。

という内容などは、
私はすごく面白いと思いましたが、

学生の皆さんが、それを読んでどうするのか?
と思ったりしました。

とはいえ、学生の方が読んでも、
気付いたら内定に近づく内容が、
散りばめられていることも事実ですので、
このブログには掲載します。


ちなみに、私は、
低学歴学生やフリーターなどの就職弱者は、
ハードワーク企業をオススメしています。

この本の著者の田中氏は、
辞めずに長く働くことができる会社を選ぶことが、
ちゃんとしたキャリア形成につながる第一歩
として、
残業時間があまりなく、有給消化もされている、
福利厚生がしっかりしている会社を選ぶように
アドバイスされています。

とても共感できる意見です。
否定はしませんし、
私よりも、田中氏のような意見がスタンダードだと思います。

確かにブラック企業に入って、
すぐ辞めてしまったり、
心を病んでしまったら、
キャリア的に相当なダメージですから。

ですから、ブラック企業には入社しないようにする。
というところでは、とても強く共感します。

でも、私は、あえて、
就職弱者は、
福利厚生は、あまり気にしない方が良いと、
改めて申し上げます。

そのあたりは、別記事、

「福利厚生が充実していない会社に就職するメリットがある!?その理由は・・・」

「フリーターが就職を成功させるための未経験ハードワーク戦略とは?」

などを参考にしてみて下さい。

辞めるほどじゃないけど、
自分が厳しく鍛えられて成長できて、
ある程度のガス抜きもある会社。

※ガス抜きもある
→社内コミュニケーションが良くて
 悩みが愚痴が素直に言えたりできる環境がある
 そんな意味です。

それが私の理想の会社です。

福利厚生がいくら良くても、
自分が鍛えられない、成長できない会社は、
ブラック企業、同様、ヤバイと思います。



■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

池上彰の就職読本

分かりやすいニュース解説でおなじみ
池上彰さんの
分かりやすい就職支援本
「池上彰の就職読本」


特に就職弱者にささるという内容ではないのですが、
これを読めば、就職活動の基本行動が、
しっかり押さえられると思います。

就職活動するにあたり、
「何を行えばいいか」
ということについて、
本当に分かりやすく教えてくれています。

選考の準備について、
選考で何を見ているということの解説があってから、
どんなことを準備すれば良いかが書かれているので、
「なるほど!」と素直にアドバイスに従いたくなります。

例えば、
「エントリーシートの書き方」の
自己PRについては、

『どれだけ自分自身を客観的に見られるかを調べると共に、
 「自分に自信を持っているか」どうかを探っている』

ということを解説しておいて、
だから、自己PRを記入する前に、
「こんな質問を自分にするといいですよ。」
という具体的質問例を書いてくれています。

実際に企業がしそうな質問例もたくさん載っていて、
それに対する回答を考えるだけでも、
自己分析と面接対策の両方がかなえられます。

就職活動するにあたり、
どんな力をどんな方法で養っておけば良いか。

企業のどこを見たら良いか。

面接への対策は。

などなど、実に池上さんらしく、
誠実に教えてくれます。

他の就職活動本に比べ、
具体例が少ないという点はあるかもしれませんが、
重要なポイントをシンプルに伝えてくれて
自分でどうすれば良いかを
考えさせてくれる余白があるという意味で、
この本は良書
だと思います。

本を読んで、それを参考に
実際にやってみる、行動してみることが大事ですが、
本の内容に頼りきって、
自分で考えることをしないと、
おそらく選考を通過しないことが多いと思われます。

例え、本に頼りきって、内定をもらえたとしても、
社会人での活躍は厳しい。

社会人になると、実に予測不可能なことが多い。
前例が無いことも、たくさん出てきます。

マニュアル的対応ならほとんどの人ができます。

他の人と本当に差別化できるのは、
自分で考えたことだけなのです。

入社後、自分らしいキャリアを作っていくためには、
自分で考えることができるかどうかが、
本当に重要になってきます。


ですから、この本をヒントに、
あとは、どういう方向性で自分のオリジナリティを、
磨いていくか、伝えられるようにするかを考えていけば、
とっても、いい準備ができると思います。

内定がゴールではなく、
あくまで内定は、
スタートに立てる資格ができるだけのこと。

どうせなら、本当のスタートをしてから、
うまく走れる力を、就活中につけていきましょう!


なお、この本の最後の章にある
「就活中のあなたへ」
に書いてある内容は、
きっと厳しい就活中のあなたの心に
癒しを与えてくれると思います。

自分の感情をコントロールし、
前向きな気持ちにしていくことは、
就活中、特に重要なことです。


テクニックだけでなく、
是非、そういうところでも、
この本を活用してほしいと思います。



■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

欲しい商品を探すならamazon!
プロフィール

先崎 進

Author:先崎 進
三流大学卒業後、甘い考えで就職した会社を甘い考えで1年で辞め、フリーター生活へ。
2年後、社会人となるべく就活するものの、待っていたのは厳しい現実。
そこからなんとか就職し、総務部にて猫のフン拾いの仕事等からスタート。
そこから紆余曲折を経て、事業責任者、人事責任者、研修トレーナー、上場企業の執行役員などを経験しているキャリアカウンセラーです。
自分と同じように、低学歴でも、フリーターでも、途中挫折してしまっても、投げ出さなければ大丈夫!ということを大切に、就職、転職、キャリア作りに少しでも役立つ情報を提供できたらと思います。
モットーは「人に元気を!」

就職・転職支援
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

キーワード関連記事を表示

グッドカンパニー大賞 当たり前のレベル キャリア形成 会って勝負 就職弱者 行動 あくなき創造 ジョハリの窓 主体性 学歴と仕事 簡単なこと 中小企業 視野、視界を広げる 求人広告 ナジック・ワークプレースメント 福利厚生 26歳 無料の就職支援講座 菊池桃子 基本 就活本 マナー 隠れた優良企業 既卒 ミートボール キャリアセンター 逆転の発想 やる気 平均年齢 説明会 入社3年後の離職率 ハードワーク 会社選びに一番大切なこと 社員の定着率 人気企業 キャリア教育・就職支援協力団体 キャリアカウンセラー 小さい規模の企業で働くことのメリット 就職活動のストライクゾーン 合う空気 優良企業 ハローワーク 人間関係 企業を見るプロ どんな質問を投げかけるか 自己分析 ソーシャルプリンティングカンパニー 会社の価値観 業界 平均年収 リラックス ベンチャー ジョブカフェ 求人倍率 差別化 人気企業ランキング 大学卒の離職率 社風・カラー 内々定者の体験談 OB、OG訪問 会話のポイント 挨拶 熱意 中小 適性検査 未経験者 ブラック企業 内定の可能性 重要なポイント やりたいこと ヤングハローワーク 情熱 キャリア構築 就職支援会社 日本経済新聞 人気ランキング レポート 低学歴 フリーター就職支援 就職情報サイト 好き 大手 覚悟 偏差値30 人材紹介会社 株の情報誌 会う 就職内定率 企業分析 投資信託 他己分析  フィードバック 平均勤続年数 行動意欲 退職理由 三行提報 株主 職人的スキル ルーズリーフ 初任給 B_to_B 入社3年後離職率 面白い 笑顔 就職活動 足切り 入社1年目 人気企業での足切り 就職四季報 言葉遣い OB・OG訪問 自分に合う業界 元気なモノ作り中小企業300社 勉強 企業情報 ライティングホルダー セミナー 投資活動 第二新卒 仕事観 社会の現実 資格 従業員300人未満 行動を変える 就労体験型学生派遣 勿体無い 事実 フリーター 

IEを使っている方は、こちらから「お気に入り登録」ができます。
facebook
Susumu Sakizaki

バナーを作成
就職、転職、キャリア作りに悩む方、どなたでも友達申請OK!役立つ情報共有していきましょう♪
メルマガ
メルマガ購読・解除
就職弱者の就職・キャリア作り支援マガジン
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
ツイッター
あると便利な就職四季報
業界別求人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスランキング