スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



twitterでも情報発信中です♪

↓他に就職関連の情報を探したい方はどうぞ
就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

これからの仕事を考える若者は必読! #10年後の仕事図鑑

常に時代の先端をとらえ、
自らも先端を作り出す仕事をしている
落合陽一さんと堀江貴文さんの共著、
「10年後の仕事図鑑」



この手の話って、2人の知識があれば、
いくらでも難しく語ることができると思うけど、

あえて分かりやすい言葉を選択して、
多くの人に伝わることを目的とした感じで、

将来、仕事の話を中心に、
世の中がどう変化をとげていくかの、
精度の高い仮説が書かれた良書。

一気に読めて、
しかも、説得力のある考えが、
散りばめられている。

2人がすごいのは、
そこらへんの本書いている知識人と違って、
知識をただ伝えるだけではなく、
実業家としてビジネスに携わり、
(しかも高いレベルのビジネス)
その知識を知識にとどまらせることなく、
ビジネスに変えて、
実社会を自らの力で良くしていくことを、
実現しているところだ。

だから、仮説の説得力が違う。

これから、
どんな仕事がなくなっていく可能性が高く、
その仕事がなくなっていくことで、
どう世の中が変化し、
その世の中の変化に対して、
自分達が変化対応していけばよいのか。

ということについて、
本当に分かりやすく想像させてくれます。

1人だけじゃなくて、
2人の共著になっていることが、
更に説得力を増してます。

根っこの考え方は非常に似てるのだけど、
そこに対するアプローチの角度が、
多少違ったりすることで、
その考え方に対する理解も深まります。

内容の詳細については、あえて触れません。

今後の仕事の在り方が、どう変わっていくのか。

就職、仕事というものに対して、
今後、どう向き合っていけばいいのか。

興味ある方は、
是非、一度、手に取って読んでほしいと思います。


twitterでも情報発信中です♪

↓他に就職関連の情報を探したい方はどうぞ
就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング
スポンサーサイト

【theme : キャリアを考える
【genre : 就職・お仕事

AIに人間が勝つためにどうするか!を考える本「AI VS 教科書が読めない子どもたち」

キャリアカウンセラー同士の勉強会にて、
尊敬している方から、
「面白いから、読んでみて下さいよ」
と言われて読んでみた本。

AI VS 教科書が読めない子どもたち


新井 紀子さんという、
日本の数学者が書かれている本だけあって、
何故こうと言えるのか
という根拠の説明が多くて、
文系の自分にとっては、
正直、そこが退屈ではあったけど(笑)、
それでも、さすがの説得力。

AIが今後、人間の仕事を奪っていく
と言われるが、

将来的にAIが更に何ができるようになって、
AIが人間に代わってできないことは何か

ということに、
AIの仕組み、数学者の視点から
論理的に説明をされています。

その一部を取り切ると、

AIにできるのは生産効率を上げること、
新しいサービスを産み出したり、
問題を解決したりはできない。

人間にしかできないタイプの知的労働に
従事する能力を備えている人は、
全体の20%に満たない可能性がある。
日本人の決定的な教科書読解力の不足です。

などと、結構過激なことも書かれています。

しかし、
AIがすでにMARCH合格レベルの知能を持っている
という事実は、
我々、偏差値55以下の低学歴者たちは、
その時点で、ある一定の範囲の領域においては、
既に、もうAIに負けているということであります。

非常にショッキングですが、
そこに向き合わず逃げているだけでは、
本当に仕事をAIにとって代わられるだけで、
終わってしまう可能性が高い
です。

偏差値55以下の学生こそ、
一度、この本を読んでみるべきだと思います。

そうして、自分が、人として、
AIにとって代わられない人となる為に、

今後、どういうことをしていけばいいのか。

どんな能力を身につける努力をすればいいのか。

どんな経験を積めばいいのか。


そんなことを自分で考えることが、
まずスタートだと思います。

まずは中学の教科書を読める読解力を
つけることが重要


と、この本では書かれていますが、
このことは自分もすごく腹落ちしました。

健全な危機感を持つことは、
自分の成長を促します。

低学歴者にこそ、
是非、一度、読んでもらいたいと思う本です。


twitterでも情報発信中です♪

↓他に就職関連の情報を探したい方はどうぞ
就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 働き方
【genre : 就職・お仕事

低学歴社員がキャリアをつくるセオリーが書かれている本「非学歴エリート」

今回紹介するのは、
少し前の本なのですが「非学歴エリート」という本です。


著者は安井元康さんという方。
経歴等は本を読んでいただきたいのですが、
一流大学出身ではない、安井さんが、
どのようにしてキャリアを作り上げていったのか、
自身のエピソードを元に、ポイントを語っています。

自分の正直な感想から言うと、
この安井さんは、
学歴がそれほどなかっただけで、
頭もいいし、情熱も人より何倍もある方なので、
一般的な低学歴者には、
なかなか同様のことができないのではないか・・・
と思います。

ただ読んでしまうと、
「この人は特別」「この人はスゴイ」
というような
偉人伝を読んで感心して終わりのような(笑)
そんなふうになってしまう可能性もあるな・・・と。

でも、この本に書かれていることを、
そのまま真似できないとしても、
少しでも似せて行動することは、
低学歴社員がキャリアをつくっていくセオリー
だと強く思います。

自分の経験と、共感する内容がとても多かったのです。

私も、恥ずかしい話、
安井さんほどの努力、経験は積めていません。

それでも、フリーターから、
上場企業の執行役員まで経験できるにいたったには、
それなりの行動と理由があるのは事実です。

この本ではハードワークの重要性が書かれています。
私も、過去このブログでハードワークの重要性を書いています。

「フリーターが就職を成功させるための未経験ハードワーク戦略とは?」

私が、この記事を書いたのは、2012年。
安井さんが、この本が書かれたのは2014年です。

つまり、今ほど長時間労働についてうるさく無かった時です。
今、同様の内容を自信満々に書いて出したら、批判も多いことでしょう(笑)

それでも自分は、
意味のない長時間労働は絶対NGですが、
企業成果に向かった経験、
世の中への真の価値提供に繋がる経験等が
積めるハードワークは、
絶対に若いうちにやっておいた方が
将来的には絶対得
だということを、
今でも、しっかり書いておきたいです。

ですから、この安井さんの本の内容も肯定します。
とはいえ、少し働きすぎって内容が書いてあるんで、
ひいてしまう人は、ひいてしまうでしょうが・・・

ただ、間違っても長時間労働を推奨しているのではなく、
本当の意味で、仕事ができるようになる経験を
積むことの重要性
を理解してほしいのです。

他に書かれている、
低学歴社員のキャリアづくりのセオリーとしては、

「なりたい自分を描いて働く場所を決める」

「競争率の低い場所で圧倒的な努力をする」

「言われてやるのではなく、自分からやる」

「人を応援するより、まず自分自身を応援する」

「上司が学んでいないことを積極的に学ぶ」

「会社の仕組み・マニュアルをつくる側にまわる」

「会社を離れたら、クビをきられたら、
 自分はどうやって食べていくのかを考える」

等々、多くの役立つ考えが書かれています。
詳細は是非、読んでいただきたいところですが、
これらのことは、自分もほぼ違和感がありません。

あと、個別に特に面白かった内容として、
「ベンチャー企業と大企業、どちらが成長できるか」
ということにも触れており、
私も、両方の企業の経験があるので、
興味深く読んだのですが、
とても、腹に落ちる内容でした。

ここに書かれている結論としては、
「どちらでも成長はできる」
ということなのですが、
どちらに所属するかによって、
成長の為の方法論が違うと説いています。

どういう方法か・・・は、
是非、この本を読んでみてください。
自分は、すごく分かる、分かる(笑)と、
面白く読みました。

長々と書いてきましたが、非常に実践的な内容の本です。

低学歴だけど、キャリアを積みたいと、
本気で思う人には、
まず1回読んでみたら!と、
素直にお勧めできる本です。


twitterでも情報発信中です♪

↓他に就職関連の情報を探したい方はどうぞ
就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : キャリアを考える
【genre : 就職・お仕事

今後のキャリア形成にも役立つ、これからの時代の必読書 #お金2.0

昨年、読んで一番面白かったビジネス書。
お金「2.0」


最近の仮想通貨の盛り上がりから、
仮想通貨を理解したくて、この本を読んでいる方が多いようですが、
話は、そこだけじゃないのが、この本の凄いところ。

仮想通貨の話は、ほんの一部で、
それよりは、「お金」というものの正体が何か。

また、お金という概念が、どのように変化しているのか。
結果、「働く」ということの概念も大きく変わっていくことが、
すごく分かりやすく書いており、
これを読むことで、
今後の就職、仕事の選び方の意識も、変わると思います。


どんな企業に就職するか、いくらもらえるかということよりは、
その企業に入ることで、
どんな経験が得られるか、
どんなノウハウを手に入れられれるか、
どんな人脈形成ができそうか、
という、
個の力につながる何かが見いだせるかどうかが、より重視されますし、
就職すること以上に、
自分が本当に好きなこと、のめり込めるものは何なのかを、
早い段階から追求しにいく時代になっているのだと思います。

国家が作るお金の価値は、どんどん低下し、
個人や企業体が、自らの力で、お金に代わるものを作って、
これまでの経済と別の経済を成り立たせてしまえる時代にきてしまっているため、
この時代を有意義に過ごすためには、
自らの価値を高めることが、ますます重要になってきているということを、
強く感じました。

これまでに書いたようなことだけではなく、
経済全体の仕組みのことなど、色々なことを考えさせられますが、
書いているとキリが無いですし、ネタバレもなるべく控えたいので、
まずは読んでみてほしいと思っています。

本のページ数のわりに、得られる情報や視点、価値観が、
非常に盛りだくさんで、大変お得な本だと思います。


これまでに10人以上の人に勧めてきましたが、
読んでくれた人たちのほぼ全員に感謝されています。

なお、この「お金2.0」を読む前に、
芸人キングコングの西野さんの書かれた
「革命のファンファーレ」を読んでおくと、
より「お金2.0」の話が入りやすいと個人的には思っています。

この革命のファンファーレも、
普通の経営者やビジネスパーソンが書かれた本より、
ずっと面白い本だと思います。

なぜなら、多くの経営者やビジネスパーソンが書く内容は、
言葉こそ違えど、本質は一緒で、
結局、どの人も同じこと言っているな・・・という印象を持ちがちなのですが、
この「革命のファンファーレ」は、これまでとは、まったく違う切り口、視点で、
ビジネスの成功や仕事の価値を生み出す方法を、
見事に描いているのです。

しかも理論だけではなく、
西野さんの実践でそれを証明しているからスゴイ!!

この「革命のファンファーレ」で、
西野さんなりのお金の正体を描いています。

その正体を理解してから、
佐藤さんの「お金2.0」を読めば、
だいぶ内容が入ってきやすいと思います。

世の中の仕組みが、大きく変わろうとしています。
というか、もう既に変わっていて、
その変化が、この数年で、一気に広がると思います。

多くの職が無くなり、
これまでの企業というものの形もどんどん意味がなくなり、
より個の力に焦点があたる時代になり、
会社に仕事を与えられるのではなく、
自分が自分の能力を生かして何をして働くか、
ますます自分が主体的に選ばざるえない時代に、突入していると思います。

その変化を読み取って、
自分の個性が何なのかを事前に見極め、
自分の個性、強みが大きく伸ばせる就職先を選択することが、
本当に大事になってくると思います。

企業の名前で就職する時代は、
ずいぶん前から終わってきていますが、その傾向は加速していると思います。

このことは、名前がある有名企業には入り辛い就職弱者達には、
決して悪い傾向ではないと思っています。


twitterでも情報発信中です♪

↓他に就職関連の情報を探したい方はどうぞ
就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : キャリアを考える
【genre : 就職・お仕事

働く前に読みたい本「君たちはどう生きるか」

「君たちはどう生きるか」のコミックが、
とても売れています。


実際、私も買って読んでみましたが、
確かに、売れるだけのことはあるコミックで、
是非、就職活動するより前に一読してほしいと強く思いました。

自分が社会人として働くということを前に、
どのような価値観を大切にして生きるのか。

どのような生き方をしたいと思って働くことに向かうのか。

考える機会ができ、
その考えを整理してから働くことに向かうことは、
就職活動に大きなプラスになると思います。

なお、「君たちはどう生きるか」が面白いと思った人には、
是非、瀧本哲史さんが書かれた
「ミライの授業」を強く勧めたいと思います。


この「ミライの授業」は、
著者の瀧本哲史さんが
「君たちはどう生きるか」の現代版をイメージして書かれた本で、
より多くの偉人のエピソードを元に、
これからの未来をどのように生きるべきかを、
具体的なイメージを持って考えることができます。

14歳向けという設定で書かれている本ですが、
読んだことが無ければ、
こちらも就職活動する前に読んでもらうことで、
働くことへの動機が形成されやすくなると思います。

私は、個人的には、
元祖の「君たちはどう生きるか」よりも、
「ミライの授業」の方が、よりおススメです。
※どちらも良い本ですが、どちらか1冊と言われればという観点で。

是非、一度、だまされたと思って、
まずは数ページだけでも読んでみて欲しい本です。



twitterでも情報発信中です♪

↓他に就職関連の情報を探したい方はどうぞ
就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

欲しい商品を探すならamazon!
プロフィール

@mcnobu2

Author:@mcnobu2
twitter @mcnobu2
三流大学卒業後、甘い考えで就職した会社を甘い考えで1年で辞め、フリーター生活へ。2年後、社会人となるべく就活するものの、待っていたのは厳しい現実。
そこからなんとか就職し、総務部にて猫のフン拾いの仕事等からスタート。
そこから紆余曲折を経て、事業責任者、人事責任者、研修トレーナー、上場企業の執行役員などを経験しているキャリアカウンセラーです。
自分と同じように、低学歴でも、フリーターでも、途中挫折してしまっても、投げ出さなければ大丈夫!ということを大切に、就職、転職、キャリア作りに少しでも役立つ情報を提供できたらと思います。
モットーは「人に元気を!」

就職・転職支援
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

キーワード関連記事を表示

ハローワーク マナー 低学歴 ジョブカフェ 会社選びに一番大切なこと ルーズリーフ  社員の定着率 自分に合う業界 人間関係 やる気 グッドカンパニー大賞 平均勤続年数 大手 菊池桃子 OB、OG訪問 ハードワーク ライティングホルダー 隠れた優良企業 就職活動 事実 株主 合う空気 視野、視界を広げる セミナー キャリアセンター 社会の現実 B_to_B 人気企業 無料の就職支援講座 重要なポイント 偏差値30 未経験者 キャリア教育・就職支援協力団体 会社の価値観 投資活動 就労体験型学生派遣 就活本 どんな質問を投げかけるか 逆転の発想 入社3年後離職率 ミートボール 就職弱者 企業を見るプロ 勿体無い 職人的スキル 笑顔 求人広告 投資信託 キャリア構築 他己分析 従業員300人未満 ヤングハローワーク フリーター 人気企業での足切り 業界 学歴と仕事 入社1年目 就職活動のストライクゾーン 日本経済新聞 就職四季報 会って勝負 小さい規模の企業で働くことのメリット 中小 行動を変える 会う フリーター就職支援 リラックス 足切り 三行提報 会話のポイント ベンチャー 資格 覚悟 平均年齢 26歳 好き 主体性 ブラック企業 あくなき創造 優良企業 レポート 既卒 挨拶 入社3年後の離職率 平均年収 やりたいこと 情熱 内々定者の体験談 ソーシャルプリンティングカンパニー 就職情報サイト キャリアカウンセラー 就職内定率 面白い 企業情報 元気なモノ作り中小企業300社 行動 人気ランキング 言葉遣い 求人倍率 基本 仕事観 勉強 大学卒の離職率 第二新卒 企業分析 初任給 当たり前のレベル 簡単なこと 行動意欲 差別化 キャリア形成 社風・カラー ナジック・ワークプレースメント 自己分析 人気企業ランキング 株の情報誌 フィードバック 熱意 福利厚生 内定の可能性 中小企業 説明会 OB・OG訪問 ジョハリの窓 退職理由 人材紹介会社 就職支援会社 適性検査 

IEを使っている方は、こちらから「お気に入り登録」ができます。
ツイッター
あると便利な就職四季報
業界別求人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。