スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

面接に備えて知っておくと、とっても得なこと○○。それは・・・

面接に備え、知っておいてほしいのが、
心理学者ジョセフ・ルフトとハリー・インガムが発表した

ジョハリの窓」です。


Johari_window.png

以前、このブログにも書きましたが、
面接で評価するのは、第三者(他人)です。

つまり、
ジョハリの窓で言う、

「盲点の窓」

「秘密の窓」
がポイントになるのです。

自分が面接をしていて、
失敗している学生のパターンを見ると、

「盲点の窓」や「秘密の窓」を
「開放の窓」に変えられていない
パターンが多いのです。


分かりやすい具体例を話すと、
「盲点の窓」では、
身だしなみ、挨拶です。

服装や髪型が変、挨拶できていない。
そういった事実に自分では気付いていない。
面接官からはすごく気になる事実なのに。


「秘密の窓」では、
自己アピールの準備不足です。

自分では分かっている長所、強み
などがあるにも関わらず、
それが相手の興味関心をひくような
伝え方の準備が不足しているために、
相手に伝わらない。
結果、相手が分からない。


そのような失敗が多くあるのが現実なのです。

では、どうすればいいか。

「盲点の窓」を「開放の窓」に変えるには、
これも何度もこのブログに書いていますが、

「他人からフィードバックを受ける機会を作る事」
です。

就活の面接対策で言うと、

社会人として活躍している大人から
正直なフィードバックを受ける


というのが、一番です。

そのような機会を是非、積極的にもってほしいのです。

正直なフィードバックを受けるのは、
今の自分を否定されるようなことを言われたりすることなので、
精神的には、楽なことではありません。

でも、それを理解せずに、
損し続けることの方がリスクは高いと思います。

最終的に判断するのは自分ですが、
私は、自分を変化させやすい若いうちこそ、
勇気を出して、
フィードバックを受ける機会を創りに行く
ことが大事だと思っています。

30過ぎたあたりからだと、
変なプライドもでてきて、フィードバックを受けても、
変えられない自分とも遭遇します。

そうなってからでは、遅いです。


「秘密の窓」を「開放の窓」に変えるには、

相手が興味、関心を引くようなことが何か
をまずは考えて、

そこにささりそうな自分自身のことを、
分かりやすく説明できる言葉を、
しっかり作っておく

ことです。

就活対策で言うと、
面接官が興味を持ちそうなことが何かを、
一生懸命まずは考えてみてください。

たまに、「秘密の窓」を「開放の窓」へ
という話をすると、
単純に、自分の秘密を
暴露してしまうような方もいるのですが、
就活において、そんなことはしなくていいです。

面接官は、
「会社の役に立つ人」を見極めしている訳です。
もしくは、
「一緒に働きたいと思える人」を見定めているのです。

あなたが受けようとしている会社は、
どんな人だったら役に立つのでしょう?

面接官は、どんな人とだったら、
一緒に働きたいと思うのでしょう?

あなたの性格、長所、強み、個性などが、
あなたが受ける会社の役に立つ、
面接官に一緒に働きたいと思わせる、
そんなところはありませんか?

そして、それはどのように伝えたら、
相手が理解してくれますか?

そのようなことを一生懸命考えて、
誠意をもって真剣に伝えれば、
「秘密の窓」が「開放の窓」に
変えられる可能性は高まると思います。

ここに書いた例は一例ですが、

「盲点の窓」と「秘密の窓」を
「開放の窓」に変える。


面接に備え、このことは意識してほしいと思います。





■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング
スポンサーサイト

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

tag : ジョハリの窓

やりたいことに拘りすぎると、悲劇が待っている!その訳は・・・

ここ最近、学生さんと面接していて、

「やりたいことができるかどうか」

ということを非常に重視している学生さんと、

よく出会います。

「やりたいことがない」という学生さんも多い中、
一般的には、良い学生さんに思えるのですが、

私は、危険だと思うのです。

何故かというと、

「やりたいことができるかどうか」
を非常に重視している学生さんの場合、

やりたいことができる可能性は、
会社という組織に属した場合、
非常に低い


という悲しい現実があり、

それにも関わらず、

採用担当者が、

「君の頑張り次第ではできると思うよ」

と、何の根拠も無い言葉で動機付けされて、
入社を決めてしまう可能性が高いからです。

会社は、個人の願望より、
組織の都合を優先しますので、
いきなりのド新人に、
やりたいことをやらせるわけはありません(笑)

本人のやりたいことどころか、
先輩社員のやりたくないことを
「ようやく使える新人ができた」と、
やらされる可能性の方がダントツで高い(笑)

その場合、当然、ギャップが生まれます。

やりたいことがやれると思って入社したのに、
やれないと理解したときの失望感を、
埋められるだけの他の理由が、
その会社にあればいいのですが、
無い場合は非常に辛い思いをするでしょう。

また、学生の時に思う

「やりたいこと」

って、失礼ですけど、
実際の仕事の中身を理解できずに
想像していることなので、
とっても浅いんですよね。

仕方ないことなんですけど、
その裏の本当の苦労とかを分からず、
思っていることなので、
実際、その苦労に耐えられるかも、
やってみなくちゃ、分からない訳です。

やりたいことに拘って入社したのに、
その苦労に耐えられず、すぐ退社。

なんてことも、普通にある訳です。



では、どうしたらいいのでしょうか・・・


私が思うのは、

やりたいことができるかどうかは、
あまり気にしない。


大切なのは、
どんなことからも、
やりたいことを見つける能力
をつけること。

です。

「やりたいことがある」のは、
とても良いことですし、
そういった夢を持つことは大事だと思います。

ただ、それができるかどうかを、
あまりにも重視しすぎたら、
逆にチャンスを失いかねません。

もし、本当に今考えているやりたいことを
実現したいと思うなら、
組織に属することを考えるよりも、
自分で起業することを前提とするのが一番です。

しかし、
本当にやりたいことというのは、
実際に仕事をやってみて、
気付いたりすることの方が、
圧倒的に多いです。


やりたいことに拘っていくのは、
そこからでいいと私は思っています。

与えられた仕事に真剣に向き合い、
そこで面白さを見つける
なんでもなかった仕事を、
やりたい仕事に変えていく。


そんな力がつけば、怖いものはありません。

その中で、
特に自分の心を突き動かしたものが出てくれば、
勝手に、それがやりたいこととなって、
勝手に、一生懸命仕事をすることとなり、
その結果成果も出て、会社からも認められ、
ますます、その会社の中で、
やりたいことが実現できるでしょう。

それまでは、
とにかく目の前の仕事に、
なんでも真剣に向き合う。

そんな姿勢が、
「本当にやりたいことを見つける」
一番の近道だと、
私は感じています。


「やりたいことができるかどうか」
に拘っている方は、

是非、一度、
そのやりたいことができる実現可能性を、
よりリアルに考えたうえで、

「そこにそれほど拘る理由がどれだけあるのか?」
「すぐにそれができなくても落ち込まずにすむか?」

等の質問をぶつけて見てください。

それでも、やりたいと思える理由があれば、
そこに拘って、それが本当に実現できそうな就職先を、
真剣に探してください。

そこで、やや、ぐらつく気持ちがあるようであれば、
そのやりたいことは自分の価値観として大切にしつつ、
やりたいことができるかどうかの拘りは、
会社選びの判断基準から低くしてみて下さい。

それよりも、会社の風土、価値観、人が、
どれだけ自分と合いそうか、
ということの方が重要だと思います。

そこが合えば、
どんな仕事でも、真剣に向き合って、
会社と、その仲間と共に、
頑張れる、ふんばれる可能性が高い。

そうした中で、
本当にやりたいことが、
見つかってくる可能性も高くなってくると思います。



■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

人気企業ランキングには名前が無い優良企業33 マルホ株式会社

マルホ株式会社

皮膚科・外用剤領域(塗り薬や貼り薬など)に特化し、
病院で処方される外用剤の国内販売額No.1。

世界中の人々の「健康」に、より質の高い貢献を実現すること。
そのことを社員が働く意義と考え、ミッションとしてとらえているようです。

Great Place to Work(R) Institute Japanが実施している
「働きがい調査」で2009年から2011年まで3年連続
「ベスト25社」にランクイン。

とにかく社員教育に熱心で、
その教育はハードではあるようですが、
その分、着実に知識と能力がつくようです。

自主性、主体性を大事にする価値観のようで、
若い内から色々任されて、
力をつける環境が整っていると思います。

社内の風通しもよいようで、
社長に直接意見が言える仕組みもあるようです。

入社して頑張ることで、
仕事にも会社にも自分にも
誇りが生まれる会社だと思います。

【会社概要】
・本社
〒531-0071
大阪府大阪市北区中津1丁目5-22

・創業 大正4年7月
・設立 昭和24年10月
・資本金 3億8,253万6千円
・従業員数  1,169名(平成24年9月末)
・事業内容 
 医療用医薬品等の研究・開発・製造・販売・
 輸出入 ならびにこれに付帯する業務
・売上高 607億8千万円(平成24年9月期)

採用情報はこちら

http://www.maruho.co.jp/recruit/



■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

経済がよく分からないから勉強したいけど、何を読んだらいいか分からない人へ

最近、学生に、

「どんな本を読んだらいいですか?」

と聞かれることが多いです。

目的によって、
読んだらいい本は変わってくることが多いので、

「何を学びたいの?」

と聞くのですが、

その回答の中に、

「経済の基礎知識をつけたい」

というようなことがあります。


確かに、何も基礎知識がないのに、
一般紙の「経済欄」や日経新聞を読んでも、
何のことだか、さっぱり分からないでしょう。


そこで、
私がオススメする1冊は、

「経済ってそういうことだったのか会議」

です。



そうとう古い本なのですが、
今読んでも、ほぼ通用する内容です。

単純に、知識の羅列がされているのではなく、
専門知識を持つ竹中さんに、
佐藤さんという顧客側の気持ちを捕らえるプロが
質問することで、
専門すぎず素人すぎず、非常に良い塩梅で
知的好奇心をどんどん刺激していくような内容。

経済のあらゆることのさわり部分を、
絶妙に伝えていく感じ。

あとは、どんどん自分で掘り下げていける感を
残すようなところが、素晴らしいと思います。

分かりやすいということにプラスして、
この本を読んだ後、
もっと知りたいという欲求が出てきて、
その後の行動を促すような内容が、
他の本と比べて、
より良書だと思える点です。

この本を読むと、
そこから、新聞の経済記事を読むのが、
きっと楽しくなってくると思います。

経済が分からないという方。

経済が分かっているようで、
分かっていないかも・・・という方。

そんな方たちで、
経済を学びたいと思っている方は、
是非ご一読を。



■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

人気企業ランキングには名前が無い優良企業32 株式会社ダイワハイテックス

株式会社ダイワハイテックス


コミック本包装用フィルム製造国内シェアNO.1の会社。

「売ることよりも売った後が大切」

「お客様が第一」

という方針で事業を経営。

事業は「BOOK事業」「ECO事業」の2本柱。

福利厚生では、

法定福利以外に、養老・ガン・長期障害・新医療保障保険があり、
費用は会社が全額負担。

頑張っている社員が認められ、他の社員のお手本になるよう、
表彰制度を設けており、
毎月の全体会議で月間MVP賞を決定し、
2月の事業計画発表会では年間MVP賞、
健康管理賞など前期の表彰を行っているとのこと。

非喫煙者および禁煙成功者に月3000円を支給しており、
健康への意識も高い。

社員のスキルアップのために、
新入社員及び社員研修として外部セミナーを用意しているようで、
カリキュラムの中から、
自分が学びたいものを選択して参加することが出来ます。

また、会社が必要と判断した場合に、専門スキル習得のため、
夜間専門学校や専門研修へ積極的に参加することができ、
参加費等はすべて会社負担とし、
社員が負担なくスキルアップできる仕組みがあるとのこと。


社長の大石社長が「良い会社」を目指しており、

その「良い会社」とは、健全な財務体質は当然、
数字からでは分からない目に見えない大切な要素がある
と考えていらっしゃるようで、

・その企業が製造している製品や取り扱い商品に
 独自性や差別化された強みを持っているか。

・経営理念や企業ビジョンに基づいた
 顧客志向や社員重視の組織になっているか。

・社員とその家族の幸せを一番に考える企業風土があるか。

というようなことに価値をおいて経営されているようです。


人数は多くない会社で、
求められることも多いとは思いますが、
社長や社員同士の距離が近く、
色々なやりがいがありそうな会社です。


【会社概要】

・資本金 1,000万円

・設立     昭和53年(西暦1978年) 3月

・取扱品目 包装機械、包装資材、書店用関連備品、省力化機械
        制御用品機械、集塵装置

・本社
〒174-0043 東京都板橋区坂下1-34-27
TEL 03-3558-8131
FAX 03-3558-8132

・従業員数 51人(平成25年4月現在)

採用情報はコチラ

http://www.daiwa-hi.co.jp/recruit/index.html



■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

政府に新しい就職支援の動きが!その内容とは?

4月19日(金)の日経新聞に、

「政府が大学生の就職支援のための新組織を設ける」

とありました。

新組織は

キャリア教育・就職支援協力団体

という名前で、

大学と地元経済界で協力団体を作り、
それを政府が支援する形をとるようです。

組織を通じて、
企業が採用したい人材の育成を大学に求めたり、
インターンシップの受け入れ企業を開拓したりして、
全学生の2%にとどまる就業体験を、

なんと5割に高める

目標を掲げるようです。

2%を50%って・・・

すごいですね(笑)

日銀の黒田総裁のインフレ2%目標ぐらい、
本気でやるということであればいいのですが・・・


また、団体は、大学による就業体験カリキュラム作りも支援し、
学生が企業に出向く前に研修を受けさせ、
体験が役立つようなフォローアップを充実するとのこと。

これが、本当に実現できれば、
相当、学生全体の就職能力は高まると思います。

どこまで大学側が本気でできるのか。
そして、学生がちゃんとついてくるかどうか。
ポイントです。

学生の皆さんには、
大学がちゃんと制度を作ったら、
是非、積極的にその制度を利用し、
就業体験をしてほしい。

そして、実際に、
企業で社会人として働くということが
どういうことかを、
肌で感じ取ってほしいし、
世の中には、
色々な仕事と会社があるということを、
知ってほしいと
強く願うのです。


なお、団体は、
大企業に比べて採用が不利になることが多い
中小企業の学生向け説明会や出前授業も企画するとのこと。

これも企画されたら、
是非、学生には積極的に出てほしいところです。


団体は、他にも
大学卒業までに就職できなかった
若者の支援も充実させるということで、
人材派遣会社に補助金を出して、
若者への研修を依頼して、
派遣先での正社員雇用につながるような仕組みを
検討するとのこと。

これについては、
しっかりとした仕組みが作られたらいいなと、
思います。

単純に派遣からの正社員化の推進
というのは難しいと思います。

派遣から正社員という流れは、
なかなか企業はつくらない。

派遣でできる仕事は派遣のまま。
下手すればアルバイトへの切り替えが普通です。

正社員にするには、
よほど正社員にしたいと思えるだけの
能力や期待値が見出せないと厳しい。

派遣から正社員というよりは、

「正社員を前提としたトライアル雇用」

という流れにして、
企業と働く側がお互いに、
合う、合わないが判断できる。

そして、
トライアル雇用期間については、
履歴書の職歴に社名を書く必要無く、
「就労訓練期間」等として、
履歴書が無駄に汚れないような形に
なればいいなと思っています。


とにかく、
国は、本気で、
就職の支援を行おうとしている。

これは確実です。

ですから、
就職弱者は、

この支援を有効に使う!
この支援をしっかり活かす!


という意識を持っていてほしいのです。

おそらく、
ハローワークや大学等から、
具体的な支援内容が発表されていくはずです。

その情報を、しっかりとって、
是非、積極的に参加、利用していきましょう。




■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

tag : キャリア教育・就職支援協力団体

人気企業ランキングには名前が無い優良企業31  川上産業株式会社

川上産業株式会社

あの誰もが知ってる包装材

「プチプチ」

を作っている会社です。

当然、包装材国内シェアNO.1企業。

社員を役割(役職)で人間を呼ばず
「さん」や「くん」で呼ぶ風土。

「社長」も同様に「肇さん」と呼ばれているようです。

残業も上司の指示があってなされる以外は原則禁止。
何故なら、それは、むやみに社員のオフタイムを侵食し、
また全社員の賞与原資を削るものと考えるからとのこと。

また、時間外労働よりも「サービス残業」は更に禁止ということで、
1分単位で時間外手当を計算して支払っているようです。

設備に名前をつけたりなど、ユニークな取り組みも多く、
社員の主体性を重視し、
役職、年齢問わず、
やりたいことをどんどんやらせる風土で、
周りと協力しながら何かを成し遂げることを、
大事にしているようです。

環境への取り組みも積極的です。

「社員は家族です。仲間です。経営資源ではありません。主人公です。」
と言い切る
川上 肇 社長の思いがあふれた会社です。

あるんですね、日本には、
こんな素晴らしい会社が。


【会社概要】
・創立 1968年(昭和43年)
・代表取締役 川上肇
・資本金 3,180万円
・売上高 124億円(2012年5月)
・従業員数 400名
・事業内容
 くうきシート「プチプチ®」、
 かるいボード「プラパール®」の製造販売
 その他包装資材の仕入販売


採用情報はコチラ

http://www.putiputi.co.jp/recruit/



■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

就活の解禁時期が事実上繰り下げに。このことで学生が注意しなければならないこととは・・・

昨日(平成25年4月16日)の日経新聞夕刊に、
大学生の就職活動の解禁時期が、
4年生の4月からに
繰り下げられることが
事実上決まった。

と書かれていました。

※結局、2016年卒の学生から
 3年生の3月からの繰り下げに
 決まりそうな感じですね。


こういう変化には、
良い部分と悪い部分と、
必ず両面があります。

学生の皆さんには、
是非、悪い部分を積極的に
埋めにいってほしいと思うのです。

私が一番懸念する点は、
繰り下げられたことで、
学生側が油断して、
就職活動に備える時期が、
遅くなることです。

就職活動に備えた活動をすることは、
早ければ早いほど良いと、
私は思っています。

4年生の4月からに変更することで、

3年生までは勉学に集中

なんていいますが、
本当にそんな動きになるのでしょうか?

私は、今の学生を見ている限り、
日本の大学が、
それほど学生に勉強を強制できるだけの力を、
持っているとは思えません。

また勉強したいと思わせる
コンテンツや工夫が用意されているとも
思いません。

結果、勉強するどころか、
遊びほうけてしまう学生が
多くなる可能性が高い

とは言いすぎでしょうか(笑)


だからこそ、私は、
繰り下げになるなら、
なおさら、
早い時期から就活に向けた準備をする
という意識を持つことが重要だと思っています。

説明会、セミナーなどが、
4月からになるということは、
3年生までのうちに、

自己分析や業界分析、
そして何よりも、
身だしなみ、言葉遣いなどの、
コミュニケーション基礎力は、
鍛えておくべきです。


4月から説明会、セミナーが開始されが場合、
おそらく選考スピードは早く、
実際の選考期間は、
これまで以上に短縮されると思われます。

つまり、その準備ができていない人間は、
アッというまに選考から落ち、
選考のスピードに戸惑うまま、
就活で勝つための能力を磨くこともできず、
無残な結果を繰り返す
ことになる可能性が高いのです。

4月から基礎を鍛えていたら、
間違いなく遅いと思います。


4月からは、
個別の企業研究に時間がさけることができるよう、
3年生までの間に、
勉学に励むと共に、
就活に必要な基礎能力を磨いておく。

このことがますます重要になると思います。

4月に繰り下がるから、
就活に余裕ができた。

そんな発想の学生は、
ほぼ厳しい就活になることは間違いないと思います。

時間的な余裕ができた分、
就活から逃げるのではなく、

就活と自分自身にしっかり向きあう時間。
自分でじっくり考える時間。
就活に備えて知識を蓄える時間。
自己啓発できる時間。

そのような時間ができたと考え、
是非、有効な時間の使い方を考えてほしい
と強く思います。



■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

自分を誉めてくれる人を持つためには、○○をすることが有効。○○とは・・・

前回、
自尊心を高めるには、

「誉めてくれる人を持つ」

が重要と書きました。

「就活をうまくいかせるために自尊心を高めよう!パート2」

その中で、
誉めてくれる人がいればいいのですが、
見当たらないという人には、
どうしたら良いかを、
別の機会に書くと書きましたので、
今日は、そこについて書きたいと思います。

私が思うに、

これは全てにおいて言えることだと思うのですが、

人には、

「与えない人には与えられない」

という原則が働いていると感じています。

つまり、

誉めてくれる人を得るには、
自分がまず人を誉める必要がある。

そう思っています。

人は、
全員が全員そうとは言えませんが、
何かを与えられたら、
それを返してあげたい
という心理が一般的には働くと思います。

誉められたら、
誉めて返してあげたくなる

というのは、普通にある心理だと思います。

ですから、

まずは自分から人を誉めること。

これが、
自分を誉めてくれる人を持つ
ポイントだと思います。

人を誉める

ということを意識すると、

人の長所を見つけようとするアンテナが、
自分の中に立つことになり、
その結果、
自分の生きる世界が、
ポジティブな世界へと変化していくことに、
つながりやすい
というメリットもあります。

自分が本当にいいなあと思ったことを、
相手に伝えてあげることができれば、
きっと、それは相手の心を満たします。

ただ、
予め、自分が誉めてもらうことを期待して、
相手を誉めても、
いい結果は得られません。

相手には期待しないのが前提です。


とにかく自分が

「相手に与える」

ということを意識して動く。

これが大切だと思います。

そうすると10のうち1くらいが返ってきて、
継続していくうちに、
1が10に、10が100に、
自然となってくる。

そう思います。

是非、見返りを求めず、
まずは相手の心を満たすことを意識して、

「自分から誉める」

ということをやってみてほしいと思います。

きっと、そのうち、
自分もたくさん誉めてもらえる人間関係が
できると思います。

なお、

「誉める」

ということの重要性について、
とても分かりやすく、
心に入ってくる良書があります。

「心の中の幸せのバケツ」
という本です。



しかも、この本を買うと、
自分の強みを発見できるWEBテスト、
「ストレングス・ファインダー」
が無料で受けられるIDがもらえます。

内容も良ければ、特典も素晴らしい、
非常にコストパフォーマンスの高い本です。

是非、機会があれば、読んでみてください。



■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

就活をうまくいかせるために自尊心を高めよう!パート2

前回、
自尊心を高めるためには、

「成功体験を増やす」

ことが大事だと書きました。


http://sakizakisusumu.blog.fc2.com/blog-entry-129.html

ただ、そのこと以外にも、
自尊心を高める手段は色々あるので、
それを少しずつ、
このブログで書いていければと思います。

今回、私が書く
自尊心を高めるポイントは、

「誉めてくれる人を持つ」

です。

これ、本当に重要です。


人って、そもそもなかなか誉めてくれない(笑)

基本的に、皆、自分のことはさておいて、
他人に対しては、厳しい視点を持つものです。

私もそうです・・・(笑)

でも、相手を積極的に傷つけようとする人も、
あまりいないので、
結果、厳しいことも言わなければ、
誉めることもしない。

というのが、
一番、多いコミュニケーションのパターンだと思います。

ただ、何かを良くしたいと思って、
他人に意見やアドバイスを求めたりすれば、
当然、できていないことを相手は指摘するので、
厳しい言葉ばかりが、
自分につきつけられるパターンに陥りがちです。

その時に、誉めて、誉めて、
良いところを認識させてくれた後に、

「でも、ここをこうすれば、
 もっと良くなるよ!」


というように素敵なティーチングを
してくれる人がいればいいのですが、
まあ、あまりいないのが現状です(笑)

世の中、
厳しいことを言えば、
教育していると思っている人だらけです(笑)

ですから、本当に、

自分のことを誉めてくれる人の存在は貴重です。

誉められることによって、
自分の存在価値が肯定されたような気分になり、
それが自尊心につながります。

例えお世辞だとしても、
そこに嫌らしささえなければ、
決して嫌な気分にはなりません。

以前、私はコミュニケーション研修で、
お互いをよく知らない初対面の人同士で、

「とにかく誉めあってみる」

というワークを経験しました。

初対面なので、当然、
お互いにムリクリ誉める理由を作って、
誉めあったのですが(笑)

ムリクリ感があっても、
本当に悪い気がしないし、
嬉しくなったのです。

で、なんとなく
自分を肯定する気持ちになれたのです。

「そのメガネを選ぶセンスが素敵ですね。」
「首が太くて、男らしさを感じます。」
「その声が、私は好きです」


とか、そんな程度の言葉ですよ(笑)

でも、それでも、笑顔で直接言われると、
すごく嬉しい。

これは体感してもらわないと、
なかなか分からないと思うので、
是非、一度、照れくささを押し殺して、
知り合いとやってみてほしいのですが、

「誉められる」

というのは、本当にすごい力を持つのです。

ですから、

自分の身近に自分を
「誉めてくれる人」がいたら、
その人は、本当に大切にするべきです。

お礼をしつつ、
適度に会って、誉められてください。

誉められることの繰り返しで、
自尊心はあがります。

ただ、気をつけなくてはいけないのは、
誉められたいあまり、
相手に誉められることを目的とした
行動をとってしまうのは、
NGということです。

それでは、
評価を得るために生きることになり、
かえって評価を気にするあまり、
評価されない自分と向き合ったりして、
自尊心を無くしてしまうことがあります。

自然体の自分を普通に誉めてくれる
そんな人を大切にしましょう。

そんな人いないよ・・・・

という方。

本当にいませんか?

まずは探してみましょう。
きっと1人はいるはずです。

それでも、
見当たらないという人には・・・

それは、また別の機会に書きたいと思います。






■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

就活をうまくいかせるために自尊心を高めよう!そのために、まずやることとは?

自尊心とは、
「自分の人格を大切にする気持ち」
のこと。

自尊心が高いとは、
自分に価値があると信じられる。
自分を信頼できる。
というように、
自分で自分を良しと言える状態。

自尊心が高い人は、
就活もうまくいく可能性は高いのですが、
自尊心が低い人は、
就活も、就活後の仕事も、
なかなかうまくいきません。


自己主張ができない。

失敗するイメージばかりが先行し、
成功を引き寄せられない。

自信無さげに見えるから頼られない。

挑戦ができない。

などなど、自尊心は低くて、
良いことはあまりないのです。


ですから、まずは何よりも、
自尊心を高める必要があります。

しかし、やっかいなのが、
自尊心は、
子供の頃の育ち方が大きく影響しており、
誉められる経験が少なかった人が、
自尊の低い傾向があるというのです。

つまり小さい頃から、
植え付けられてしまった、
心のクセを、
修正しなければならないので、
自尊心を高める
というのは、
なかなか簡単ではないのです。

それでも、
自尊心を高めなければ、
損をしてしまうのは、
自分自身です。

就活も、就職してからも、
うまくいかせる可能性を高めるには、
なんとかして、
自尊心を高める必要があります。


では、
具体的に何をしたら良いか。

色々、方法はあると思うのですが、

まず、私が重要だと思うのは、

「成功体験を増やす。」

ということです。

どんな小さなことでもいいので、

「できた!」

という体験を積む。

これが、本当に大切だと思います。


簡単な資格を取得する。

10キロを走ってみる。

山を登る。

本を1冊読んでみる。


など、何かに挑戦して、
最後までやりきって、

「できた!」

と言える経験を積むのです。

そうすると、
そのできたことによって、
自分に自信がつきます。

その自信は小さなものかもしれませんが、
それがとっても大事だと思っています。

自尊心の低い人は、
自分よりも、
とても大きなもの、すごいものと、
自分自身を比較して、
わざわざ自分の価値を下げて
自分を見ている傾向があります。

自分の憧れる姿と
現在の自分とのギャップをとらえることは、
決して悪いことばかりではありませんが、
いきなり、高いところと比較しても、
目指すことよりも、諦めの感情が先にきてしまい、
モチベーションはあがりません。

階段を登っていくように、
まずは、一段、一段、近づいていき、

「もしかしたら、できるかも?なれるかも?」

という予感を自然に感じさせるようなところまで、
まずは着実に登っていくことが、
何よりも目指す姿への近道になる
ということが多いことを、
自分自身の体験及び、
成長している人の行動を見て、強く思います。

ですから、まずは、
階段の一段目を登る
ということが大切だと自分は感じています。

今の自分が、
少し頑張ればできそうだ
ということ。

既にできることではなく、

やったことはないけど、
ちょっとやってみたらできそうだ。

ということを、まずはやってみて、

「できた!」

という体験をしてみて下さい。

それが、
「自尊心を高める」
貴重な一歩だと思います。





■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

いくら頭脳が優秀でも○○が無い人は選考に落ちるし、入社後の活躍は難しい。その○○とは?

いくら高学歴で、
頭脳が優秀でも、
これが欠けていたら、
選考に落ちる可能性が高く、
実際に社会人になってからも、
なかなか活躍が難しいというものがあります。

逆に低学歴者やフリーターでも、
これがあれば、
選考に受かることだってあるし、
社会人になってから活躍できる可能性が
高まります。

ただ
低学歴者やフリーターには、
これが欠けていることが多いのが現実です。


これとは何か。



それは、

社会性

です。


社会性とは、
自分一人ではなく、
他人と協力的な関係を
築き上げることができる力
です。

社会性があれば、
組織の力をより大きく活かすことができます。

社会性が無いと、
組織の力を活かせませんし、
下手すれば、
その組織の中で浮いてしまいます。

ですから、いくら頭脳が優秀でも、
社会性が無ければ、
アーティストならともかく、
組織で働く社会人としては、
厳しいのです。

では社会性が高い人とは、
どういう人なのか。

それは、

自尊と共感の両方が高い人です。

自尊が高いとは、
自分に価値があると信じられる。
自分を信頼できる。
というように、
自分で自分を良しと言える状態。

共感が高いとは、
他の人が、どのように感じているか、
どのように考えているかを、
理解しようとし、
他人を認められる状態。

のことを言います。

自尊と共感が両方低い人は、
社会性が低く、
自己主張もできなければ、
他者と有効な関係も構築できません。

自尊だけが高い人は、
自己主張はできても、
他者と有効な関係が構築できず、
1の力を、
それ以上に広げることができません。

共感だけが高い人は、
他者と有効な関係はできますが、
自分に自信が無いので、
自己主張ができず、
自分のやりたいことができなかったり、
挑戦ができなかったり、
責任を背負うことができなかったり、
行動力が落ちたりするので、
大きなことができません。

組織の力を利用して、
大きなことを成し遂げる人間は、
自尊と共感の両方が高い、
人材なのです。



低学歴者やフリーターは、
自尊が低い傾向があります。

学歴や経歴で負けているという意識が、
自尊を高める邪魔をしているのかもしれません。

でも、そのままでは、
結局、損するのは自分自身です。

損をしないためには、
自尊を高める必要があります。


自尊と共感を高めて、
社会人として活躍することができれば、
これまでの学歴や経歴などは、
全く関係なくなります。

自尊を高めず、
負のスパイラルから抜け出せないまま、
活躍できる機会を失うくらいなら、
早いところ自尊を高めることが、
必要です。

自尊を高める方法は、
別の機会に書きたいと思いますが、

自尊と共感を高める

ということが、
選考にも、
社会人として活躍するにも、
重要だということを、
まずはしっかり覚えてほしいと思います。



■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

コンピテンシー面接の行動評価レベルの具体例とは?

コンピテンシーのレベルについて、
より具体的に知りたいという話があったので、
自分がイメージする
行動の具体例を書きたいと思います。

よくありがちなパターンですが、

テニスサークルの副代表で、
自分が副代表になった時、
そのサークルはやる気もなく、集まりも悪かった。
それを改善した。

という内容で例を書いてみましょう。

正直、サークルの副代表のエピソードというだけで、
非常によくあるパターンだと、
毛嫌いする面接官もいるようですが(笑)
私個人は、そこにコンピテンシーレベルがあれば、
確実に評価します。

例ですから、
内容が甘い部分や、極端な部分もあるかもしれませんが、
なんとなくレベル感をつかむイメージとして、
とらえてみて下さい。

なお、どんな成果を出したかという、
具体的成果の部分については今回は、ほぼ省略しています。

あくまで今回は、行動の部分に焦点をあてて、
例は書きますのでご了承下さい。


【レベル1】
部分的・断片的行動(受動行動)



代表に副代表の役割として、
サークルの皆に連絡を取って参加を促す役目を担ってほしい
と言われ、できる限り連絡をとって、参加率を高めた。

 
【レベル2】
やるべきことをやるべきときにやった行動(通常行動)


副代表として、代表のサポートを行い、
サークルの皆に自分から連絡をとり、参加率を高めた。
またサークル活動中は、楽しい雰囲気を出すように、
自ら、皆に話しかけて、コミュニケーションを取るようにした。


【レベル3】
明確な意図や判断に基づく行動、
明確な理由のもとで選択した行動(能動行動)


副代表として、どんなサークルにしたいかを、
代表と話し合って考え、
参加率の目標と出場する大会の目標を決めた。

その目標に達成するには、どうしたらいいか計画をたて、
練習スケジュールとメニューも明確にして、
まずは練習に来るようメンバーを説得し、
練習を真面目にやると同時に、
うまくなったメンバーを積極的に誉めるようにして、
モチベーションをあげ、
練習後、コミュニケーションの場として、
皆で食事に行く機会などを、意図的に増やした。


【レベル4】
独自の効果的工夫を加えた行動、独創的行動、
状況を変化、打破しようという行動
所定の条件、状況に働きかけ、変革する行動(創造行動)

レベル3のような行動にプラスし、
練習のメニューについて、はじめは自分達で立てたが、
やる気のある後輩にメニューを立てさせるようにして、
責任を持たせた。

サークル内での大会を開催するようにして、
レベル別に分けてトーナメントを行い、
優勝者を表彰して称えるようにした。

メンバー全員が当事者の感覚を持てるよう、
メンバー全員に何かしらの役割を持たせ責任をふった。

役割を与える際には、
何故、その役割を、あなたに与えたのか、
理由をちゃんと話し、心からお願いをした。

責任を果たしたメンバーには、
必ずお礼を言うようにして、
やったことに対して、
承認する場を意図的に持った。

メンバー皆に、
サークルの大事にしたい価値観を伝え、
どんなことをすれば、それに近づけるかを、
定期的にアンケートをとりながら、
着手容易性と労力対効果が高いものは、
幹部で話し合いながら、実行するようにした。


【レベル5】
まったく新たな、周囲にとっても意味ある状況を作り出す行動
成果がかってになびいてくるような仕組みをつくるような行動
(パラダイム行動)


レベル4のような行動に加え、
他大学のサークルも巻き込んだ対抗戦の開催を企画。

ライバルと言えるような大学を自ら選定し、
相手サークルの代表に交渉。

イベントの幹事役を申し出て、
日程、場所、当日のスケジュール、連絡など調整。
役割分担なども決める。
このイベントの成功にどんな意味があるかを、
メンバーに伝え、
新たなものを一緒に作っていく楽しさを共有しながら、
準備を進め、見事に成功。

明確な外へのライバルを作ることで、
勝つ事、上手くなることへのモチベーションを作った。

更に、テニスサークル内で上手いメンバーを中心に、
テニス教室を開催。

練習場所の近くに住む、
テニスに興味があるテニス初心者をを対象に、
ネットや公共施設の張り紙などで、
とても安い価格と初心者を対象にしていることを売りに、
生徒を集める。

そのお金で、
自分達のサークルの練習に、
プロのコーチを定期的に呼んで、
サークルのレベルアップをはかりつつ、
人に教える技術も学び、
大会での好成績と、
テニス教室の満足度と生徒数の向上につなげた。



あくまで、
私個人のイメージで書いている例ですので、
人によっては、レベル5はもっと凄いだろ。
とかあるかもしれませんが、
まあ、まずは、
参考にしていただければと思います。


【レベル3】以上の行動、
それに伴う具体的な成果。

そこがポイントです。

【レベル2】以下と【レベル3】以上の行動の違い。


その部分を、まずは、
なんとなく分かってもらえたらと思います。



■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

ちゃんとした選考をしている企業は、○○面接をしています。○○面接とは?そしてその対策は・・・

面接の手法にコンピテンシー面接という手法があります。

通常の面接が、
「優秀かどうか」を重視し、
志望動機や、将来の希望、等を聞きながら、
やる気や、頭の良さなどを見ようとするのに対し、

コンピテンシー面接は、

「成果を生み出す行動特性をもっているか」

を重視し、
過去の行動事実を聞いて、
その人物が、
自社で活躍できる行動特性をもっているかを、
見ようとします。

考え方は、いくらでも嘘がつけます。
また、考え方がいくら優秀でも、
それが具体的行動に落とせていなければ、
評論家どまりで結果は出せません。

それにくらべ行動事実は、
嘘がつきにくい。
また、実際に行動に落とせていることなので、
成功していれば、再現性があり、
失敗していても、経験になっています。

ですから、コンピテンシー面接は、
本当に、その人物が、
その会社に相応しい人物かどうかを見極めるには、
非常に有効な面接方法なのです。

コンピテンシー面接の評価は、
おおよそ次のようになっています。

レベル1
部分的・断片的行動(受動行動)

 →成果は出せていても
  場当たり的で主体的ではない行動

レベル2
やるべきことをやるべきときにやった行動(通常行動)

 →それなりに自分で意識をして行った行動だが、
  だれでも普通はこうするであろうという行動

レベル3
明確な意図や判断に基づく行動、
明確な理由のもとで選択した行動(能動行動)

 →本人の判断の要素が入った行動
  複数の選択肢の中から最適と考えられる方法を
  自分の考えで選択してとった行動

レベル4
独自の効果的工夫を加えた行動、独創的行動、
状況を変化、打破しようという行動
所定の条件、状況に働きかけ、変革する行動(創造行動)

 →条件、状況に対応するのではなく、
  条件、状況を変革させ、壁・障害を取り除く行動

レベル5
まったく新たな、周囲にとっても意味ある状況を作り出す行動
成果がかってになびいてくるような仕組みをつくるような行動
(パラダイム行動)

 →今まで誰もやらなかったようなことをやり、
  これまでの状況、価値観を一気にひっくり返してしまい、
  成果がつくりだされるのが必然となるような
  仕組みをつくってしまうような行動

   
というようなレベル分けがあり、
レベル4で1,000人に50人、レベル5で1,000人に1人
と言われています。

つまり、レベル4以上の行動が過去にあれば、
コンピテンシー面接を行うところでは、
かなりの確率で選考は通ります。

最低でも、レベル3の行動はないと、
選考は通らないと思います。


コンピテンシー面接を行う会社は、
低学歴やフリーターにとって、
表面上の肩書き等で判断されない分、
チャンスがあると思います。

ですから、
企業の面接を受けるまでに、
最低でも
行動レベル3以上、
できればレベル4以上の行動に取り組み、
何かしらの成果を生み出す
ことをしておけば、
一気にチャンスを引き寄せることができます。

また、実際にその経験は、
社会人になってからも間違いなく役立ち、
社会人になってから成果を出すことにもつながります。

ですから、実際に行動さえしておけば、
良いことだらけなのです。

逆に言うと、
コンピテンシー面接では、
その場しのぎのテクニック等の対策は無い。
ということなのです。

まずは、とにかく、
自分がこれまでに成果を出せたことを
振り返ってみて、
実際にどんなことをやったかを整理し、
自分の行動レベルが、
どこにあたりそうかを見てみて下さい。

振り返った結果、
レベル3以上のことがあった場合には、
どういう考え、意図、工夫があって、
その行動をとったのか。

どんな困難、問題があって、
それをどう乗り越えていったのか。

Plan(計画)→Do(実行)→Check(確認)→Action(改善)
をどのように回したのか。

などを、

5W1H
※いつ(When)、どこで(Where)、 だれが(Who)、
 なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)


を分かりやすく話せるようにしておきましょう。


自分の成果を振り返った結果、
レベル2以下の行動しかなかった場合、
今からでもレベル3以上のことに、
取り組む必要があります。

とはいえ、就活中に、
レベル3以上の行動で成果を
作り出すことは難しいので、
本来は、事前にそのような行動によって、
成果をつくっておく体験をしておくことが、
とても重要なのです。


とはいえ、無いものは仕方ありませんし、
それをなげいていても始まりません。

過去の行動事実からは、
選考に通る要素がないのですから、
何か行動を起こさなければ、
面接を受けるだけ無駄になってしまいます。

今からでも、何か行動を起こせば、
面接までには成果がでないかもしれませんが、
今、このように取り組んでいます。
ということを話すことで、
カバーはできる部分もあると思います。

就活で、どうしても他に行動が難しいとなれば、
就活そのもので、
レベル3以上の行動を起こすのも手です。

本音は他の成果行動エピソードが欲しいところですが、
何も無いよりマシです。

まずは、レベル3以上の行動を起こす。

そのことを実戦してほしいと思います。




■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

人気企業ランキングには名前が無い優良企業30 カントーカセイ株式会社

カントーカセイ株式会社

自動車電装部品・電子機器・デジタルカメラ
PC・ゲーム機・携帯電話・生活家電などに、
無くてはならない専用の潤滑剤(グリース)を
作っている会社。

しかも、その潤滑油は、
世界中に知られているトップブランド。

社員の定着率も良く、
研修も福利厚生も充実している様子です。

ホームページは地味ですが、
産業界からの信頼は厚く、
顧客は電子精密機器、家電メーカーをはじめ
国内外6500社を超えるとのこと。

学生にはなかなか知られることのない、
優良企業だと思います。


■企業理念
私たちは、人と社会と地球への調和と貢献
そして新たな価値の創造を通して
21世紀の人と地球の幸せを追い求めます


【会社概要】
・本社所在地
 東京都千代田区丸の内1-8-1
 丸の内トラストタワーN館

・資本金   5億円

・設立    1969年9月

・業務内容  各種潤滑剤及び化成品の製造販売

・従業員数  90名


採用情報はコチラ

http://www.kanto-kasei.co.jp/careers/index.shtml



■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

人気企業ランキングには名前が無い優良企業29 日本バルカー工業株式会社

日本バルカー工業株式会社

“つなぎ”そして“もらさない”技術に優れた会社。

パッキンやガスケットといった、
機械や装置において、液体や気体が
外部に漏れないようにする部品(シール製品)に
強みを持つ会社です。

人材育成に力を入れており、
『ものづくりはひとづくり』という考えを
具現化するための拠点として
「人材開発センター」を備え、
独自の充実した研修、教育を実行しています。

人材開発センター以外にも、
通信教育制度
(100を超える講座。奨学金制度では最大100%の補助)
英会話通学(受講料の半額を奨励金として支給)、
中国語教室(社内講師)など
自己啓発意欲の高い社員へのサポートが充実しています。

福利厚生も充実。

環境問題や社会貢献への取り組みも積極的です。


◆基本理念
Value & Quality (価値の創造と品質の向上)

◆4つの経営理念
・社会の発展のために
・正正堂堂と
・世界中のステークホルダーへ
・独創的技術で

◆行動指針10項
・事業を通じた社会への貢献
・顧客感動の提供
・人格と個性の尊重
・株主と信頼関係の構築
・地域社会との共生
・安全衛生は全てに優先
・コンプライアンス遵守と誠実な行動
・環境にやさしいモノづくり
・資産の保全と有効活用
・チャレンジ精神にあふれた「学習と成長」への強いこだわり


【会社概要】
・本社
〒141-6024 東京都品川区大崎二丁目1番1号
      ThinkPark Tower24階

・創業     昭和2年1月21日

・設立     昭和7年4月8日

・資本金 約13,957百万円(2012年3月31日現在)

・年商 約305億円(2012年3月期実績・グループでは約386億円)

・従業員数 459名 (グループでは1,790名、2012年3月31日現在)

・事業内容
 産業機器、化学、機械、エネルギー、通信機器、半導体、
 自動車、宇宙・航空産業等、あらゆる産業向けにファイバー、
 ふっ素樹脂、高機能ゴム等各種素材製品を設計、製造、加工および販売

採用情報はコチラ

http://www.valqua.co.jp/recruit/index.html



■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

「お悩み解決!就活探偵団」を読んでみよう!

昨日、日経新聞の記事を紹介しましたが、
日経新聞の中でも、
電子版の

「お悩み解決!就活探偵団」

は、
なかなか面白い切り口の記事が多く、
読んでみることをオススメします。

サイトはコチラ ※会員限定記事なので登録は必要です。

http://www.nikkei.com/biz/skill/page/?uah=DF261120129905


お題を見てみると、

・就活うつに負けない 兆候と対策

・人事が語る 落ちるエントリーシートとは

・人事が嫌うエントリーシートは? 添削業者はここを直す

・学生500人に講師1人 この就活塾大丈夫?

・ホントに学生優位?噂の「逆求人」の実態

・採用担当者が語る「こんな学生はいらない」

・付属校上がりはダメ?驚く採用の新基準

と、採用の裏側、本音にせまるようなテーマが多く、
なかなか面白いです。

本当に悩みが解決できるかどうかは別にして(笑)

効率的、効果的な就活に向けて、
十分な参考資料にはなると思います。

興味ある方は、是非、一度、見てみてください。



■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

日経新聞にて、面接へのアドバイスの記事が掲載!

2013年4月1日(月)の日経新聞の大学面の記事にて、
面接へ向けてのアドバイスが書かれていました。

http://www.nikkei.com/article/DGXDZO53405270Q3A330C1TCP000/
※電子版では会員限定記事のようです・・・

色々なポイントが書いてあったのですが、
特に私が共感した部分を書くと、

だいたいの企業の面接で聞かれる
「自己PR」と「志望動機」は、

事前に鏡を見ながら(もしくはビデオで録画)、
1分程度でまとめられるようにしておく


という助言。

鏡、ビデオという手段で、
自分を第三者的に見る機会を創るのは、
確かに有効だと思います。

特に話している時の自分の表情は、
こうでもしてみなければ、
なかなか分からないもの。

良い表情は、確実に評価をアップさせます。

活き活きとした感じで、
話せているかどうか、見てみましょう。


他には、
企業が面接で見極めようとしている点は、

「同じ職場で働きたいと思えるか」

という点。

そう思ってもらえるためには、

「抽象的な話をさけること」
「志望動機で自分の都合ばかり語らないこと」


を助言しており、
そのとおりだと思いました。



その他、具体的かつ有効な面接対策が、
色々と書かれていますので、
一度、目を通すだけでも、有益だと思いますよ。

詳細を知りたい方は、
是非、電子版日経か、
図書館などに置いてある日経新聞を、
読んでみてください。




■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

人気企業ランキングには名前が無い優良企業28 日新化工株式会社

日新化工株式会社

「業務用チョコレート」の製造販売会社。

製菓・製パン・冷菓メーカー、街の洋菓子店、
ファミリーレストランなどの外食産業まで、
幅広く商品を提供しています。

世界で最上品質が保証された製品にだけ贈られる
モンドセレクションの表彰を、
25年以上にわたり毎年受けており、
製品の品質にも定評がある会社です。

採用のポイントは、
「一緒に働きたい人かどうか」の1点のみ。
人柄を重視している傾向。

福利厚生も充実しており、
定着率も高い様子。

【会社概要】
・本社所在地 
〒104-0041 東京都中央区新富2-13-3

・電話 03-3297-1311(代表)

・設立   1948年12月25日

・資本金    1億円
・売上高 95億円(平成22年度)
・従業員数 183名(平成23年12月末現在)


会社HPに採用情報の詳細は無いようですが、
2014新卒については、
マイナビにて情報を掲載しているようです。

http://job.mynavi.jp/14/pc/search/corp52857/outline.html



■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

欲しい商品を探すならamazon!
プロフィール

先崎 進

Author:先崎 進
三流大学卒業後、甘い考えで就職した会社を甘い考えで1年で辞め、フリーター生活へ。
2年後、社会人となるべく就活するものの、待っていたのは厳しい現実。
そこからなんとか就職し、総務部にて猫のフン拾いの仕事等からスタート。
そこから紆余曲折を経て、事業責任者、人事責任者、研修トレーナー、上場企業の執行役員などを経験しているキャリアカウンセラーです。
自分と同じように、低学歴でも、フリーターでも、途中挫折してしまっても、投げ出さなければ大丈夫!ということを大切に、就職、転職、キャリア作りに少しでも役立つ情報を提供できたらと思います。
モットーは「人に元気を!」

就職・転職支援
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

キーワード関連記事を表示

どんな質問を投げかけるか 行動 偏差値30 勉強 入社3年後の離職率 人間関係 既卒 ジョハリの窓 求人広告 差別化 小さい規模の企業で働くことのメリット 入社3年後離職率 ヤングハローワーク 会う 就職活動のストライクゾーン 中小企業 企業情報 キャリア形成 OB、OG訪問  フリーター就職支援 B_to_B ジョブカフェ 説明会 就職情報サイト 就職支援会社 フリーター 人気企業 社風・カラー 足切り 会話のポイント 優良企業 あくなき創造 逆転の発想 グッドカンパニー大賞 菊池桃子 自己分析 株主 ナジック・ワークプレースメント 業界 学歴と仕事 平均年齢 キャリアセンター 重要なポイント 会って勝負 ライティングホルダー やりたいこと 合う空気 レポート 福利厚生 内々定者の体験談 会社選びに一番大切なこと キャリアカウンセラー 人材紹介会社 26歳 入社1年目 当たり前のレベル 低学歴 マナー 就職四季報 初任給 資格 人気ランキング 人気企業ランキング 適性検査 自分に合う業界 ルーズリーフ 会社の価値観 中小 笑顔 就職内定率 ハードワーク 視野、視界を広げる 就活本 投資信託 挨拶 ミートボール 三行提報 内定の可能性 熱意 覚悟 従業員300人未満 投資活動 人気企業での足切り 社員の定着率 仕事観 ベンチャー 簡単なこと 社会の現実 職人的スキル 退職理由 フィードバック 求人倍率 行動意欲 ソーシャルプリンティングカンパニー 他己分析 平均年収 未経験者 やる気 就職弱者 大学卒の離職率 元気なモノ作り中小企業300社 キャリア教育・就職支援協力団体 平均勤続年数 勿体無い ハローワーク 企業を見るプロ セミナー 無料の就職支援講座 OB・OG訪問 日本経済新聞 面白い 主体性 ブラック企業 好き 基本 事実 第二新卒 キャリア構築 リラックス 隠れた優良企業 行動を変える 就職活動 企業分析 情熱 大手 株の情報誌 就労体験型学生派遣 言葉遣い 

IEを使っている方は、こちらから「お気に入り登録」ができます。
facebook
Susumu Sakizaki

バナーを作成
就職、転職、キャリア作りに悩む方、どなたでも友達申請OK!役立つ情報共有していきましょう♪
メルマガ
メルマガ購読・解除
就職弱者の就職・キャリア作り支援マガジン
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
ツイッター
あると便利な就職四季報
業界別求人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。