スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

転職を少しでも考えたら、まずは人材紹介会社を積極的に利用すべし!下手すれば年収が100万円単位で変わります。何故なら・・・

転職を考えたとき、
人脈によるツテがあるのなら、
それが一番ですが、
それが無いなら、

絶対に人材紹介会社を利用した方が良い!

というのが私の意見です。

これは、
キャリアカウンセラーつながりで、
実際に人材紹介会社で働いている人達から得た話

私の友人が人材紹介会社を利用した経験話

私が直接過去に人材紹介会社を利用した経験

に基づいている意見です。


何故、人材紹介会社を利用したら良いか。
理由はたくさんあります。

①非公開求人がある
企業としては、この職種を募集している
ということを他に知られたくない
という場合があるので、
一般の求人情報には無い求人情報を、
紹介会社だけには共有していることが多々あります。

ですから、自分で探すよりも、
より多くの求人情報の中から選ぶことができる可能性があります。


②キャリアカウンセラーの支援が受けられる
これは、とても大きいです。

まず履歴書や職務経歴書の書き方の指導を直接受けられます。

そこで、修正された履歴書、職務経歴書は、
自分で作成したデータそのものを修正してしまえば、
当然、他でも使えますし、とても便利です。

キャリアカウンセラーによっては、
いいか悪いかは別にして、
ほぼキャリアカウンセラーが修正してくれるということもあるようです。

キャリアカウンセラーにもよりますが、
基本、一生懸命に多様な支援してくれます。

何故なら、人材紹介会社のキャリアカウンセラーも、
目標を持たされています。

実際に転職を成功させた人数と、
成功させたことによって得られる会社への成功報酬
2点を目標としている場合が多いようです。

成功報酬は、
転職者の年収に比例する場合がほとんどです。
おおよそ30%前後(25~35%)だと思います。

つまり、30%と仮定した場合、
年収400万円で成功させたら120万円。
年収500万円で成功させたら150万円。
が成功報酬として、
転職が決まった企業から人材紹介会社に支払われるのです。

ですから、人材紹介会社は、
1人でも多くの人材を、
より高い年収で転職を成功させようと努力をするのです。


転職成功のために、
どんなことをしたら良いか、
決して自分だけでは得ることのできない情報を、
色々と与えてくれます。


キャリアカウンセラーからの視点、
人材紹介会社のキャリアカウンセラーだからこそ
知っている企業情報を元
に、
合っていそうな企業を提案してくれることもあり、
自分では決して見つけられなかった情報、
考えることが無かった転職情報を、
手に入れることができることもあります。

また、年収の交渉についての支援も大きいです。

これから転職しようとする会社に対して、
年収の交渉をすることは、
非常にやっかいなことですし、
自分一人での交渉になると、
不利な条件を押し込まれがち
なのですが、
人材紹介会社を使うと、
交渉が自分一人だけでなく、
人材紹介会社もバックアップしてくれるので、
それほど不利な条件になりにくい
のです。

ちなみに、自分の知り合いの何人かは、
一般求人で応募した場合と人材紹介で応募した場合とで、
人材紹介で応募した方が、
年収で100万円以上高い条件で企業選定ができた
という話をしています。


③キャリアの棚卸ができる
人材紹介会社のキャリアカウンセラーは、
1人でも多くの人材を、
より高い年収で転職を成功させようと努力をします。
と書きましたが、

そのため、単に履歴書、職務経歴書の
書き方を教えてくれるだけでなく、
求職者のこれまでの経歴や話を聞いて、
その求職者の自分では気付かない
強みや売りを発見してくれる
場合があります。

自分自身では、全く強みと思っていなかったことが、
ある会社のある職種では強みになる
ということがあるらしく、
それが発見できるのは、
色々な会社の情報を知って、多くの人を見てきている、
人材紹介会社のキャリアカウンセラーだからこそ


という部分があるようなのです。

また、転職を成功させなければ、
一切報酬はありませんので、
年収よりも、実際に転職を成功させることの
優先順位は自然と高くなるようです。

よって、転職が成功できる年収の相場観も正直に伝えてくれます。

自分が希望する年収による転職が可能かどうか。

自分が希望する年収で転職をしようと思ったら、
何のスキル、経験が必要か。
どこを伸ばせばよいか。

そういったことも率直に伝えてくれます。

ですから、キャリアアップをしたいと思う時に、
自分に何が不足しているか、
自分の何を伸ばしていけばよいか
という自分自身の今後のキャリア形成のヒントも、
つかむことができるメリット
もあるのです。

私の知り合いでは、
転職の意思が弱くても、
必ず年に1回、人材紹介会社に行くという人材もいます。

これは、自分の市場価値の確認と、
今後、どういう努力をすべきか、
キャリア形成のベクトルを定めるためだそうです。

人材紹介会社にとっては、
転職する意思があまり無いのに来てもらっても
迷惑なところはあるとは思いますが、
でも、そこで得られるメリットから考えたら、
確かに、少しでも転職する意思があるのであれば、
人材紹介会社にまずは行ってみる、
というのは、非常にいいことだと私は感じています。

いずれ本当に転職を強く考えた時には、
人材紹介会社にもメリットになる訳ですからね。


④効率的な転職活動が可能
これも非常に大きいです。

通常、求人広告による応募や、
ハローワークに出ている企業への応募などの場合、
1社、1社に対し、履歴書、職務経歴書、
その他書類を送付する必要があります。

しかも、それが手書きでなければNG
なんて企業も今時あったりします。

人材紹介会社を使えば、
人材紹介会社に関係書類を送っておけば、
全て人材紹介会社が書類は送付してくれます。

しかも手書きを求められることはありません。

※選考の途中で企業によっては、
 何かを手書きで求められることあるかもしれませんが・・・

独自のアピールがしにくいという点があるかもしれませんが、
独自に作成したレポートなどを、
人材紹介会社から送付してもらったりすることも可能ですので、
全く問題は無いと思います。


その他メリットも、まだまだありますが、
ここまででも十分長いので、
一応、こんなところに留めておきます。


逆にデメリットは、
①担当キャリアカウンセラーのレベルによって、
 大きく結果が左右される

②一般の求人に比べて、採用にかかる費用が高いので、
 選考基準が、一般の求人と比較して厳しくなりがち。
 また、資金力に乏しい会社の求人は無いので、
 小さい会社の求人は少ない。

というところです。

それでも、メリットの方が断然高いのは間違いありません。

人材紹介会社を最終的には使わないとしても、
まず人材紹介会社に行って、
自分のキャリアの棚卸をしておくことは、
とても有効

だと思います。

商談

では、
どんな人材紹介会社がいいか
ということですが、
私の経験を含めて言うと、

インテリジェンス


ネオキャリア


の2社を個人的に勧めています。

直接の知人に聞かれた時にも、
職種、業界にもよりますが、
だいたい、この2社をまず勧めています。

※ここで紹介する人材紹介会社の社名には全て、
 それぞれの会社のリンクを貼っていますので、
 興味があれば、それぞれ見てみて下さい。

インテリジェンスは、
リクルートエージェントと同様の大手で、求人数が多く、
リクルートエージェントよりも対応がきめ細かい印象があります。

ネオキャリアは、
比較的新しいベンチャー的な人材ビジネスの会社ですので、
一生懸命さがある印象です。
求人数も、決して少なくはありません。

求人数の多さ、過去の実績では
リクルートエージェント

なのでしょうが、
私が過去に数度利用した時は、
求人情報数や応募者数が多すぎるのか、
他の人材紹介会社と比べると、対応が淡白で、
ただ多くの求人情報をパソコンで見せられて、
興味あるところを自分で選んで、ひたすら登録する作業のくり返し。

登録した企業への申し込みと紹介が事務作業的に行われ、
ただ連絡の間に入ってくれるといった印象でした。

キャリアカウンセラーからの提案もほとんど無く、
正直、人材紹介会社を利用しているメリットが、
他社と比較すると、それほど感じられませんでした。

確かに多くの求人情報に触れられるメリットはありますが、
業務、作業としてこなされる感が、
上の2社と比べると強くあったのは事実です。

キャリアカウンセラーによるかもしれませんし、
会社も日々変化するので、
必ずしもそうとは言えないとは思うのですが、
同様の意見は、他の方からもよく聞きますし、
私の実際の経験からは、
インテリジェンスとネオキャリアの方がオススメです。

言うほど情報量も変わらないですしね。

その他、有名どころでは、
JAC

日経キャリアNET

パソナキャリア

マイナビエージェント


といったところもあります。

が、あまり多く登録しても、管理が大変なので、
多くても3社程度までにしておくことをオススメします。

私は、以前、7社登録して、すごく面倒くさい思いをしました。
結局、ちゃんと利用したのは、3社程度でした。

その他、
管理部門の転職に強い
MS-Japan

IT・インターネット・ゲーム業界に強い
WORKPORT


など、ある特定の部門に強い人材紹介会社もあります。

自分が転職したい業界、職種が決まっているのであれば、
こういった人材紹介会社を使うことは、効率的だと思います。

是非、転職を少しでも考えた時には、
人材紹介会社を利用することを考えてください。



■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 転職活動
【genre : 就職・お仕事

tag : 人材紹介会社

⇒comment

Secret

欲しい商品を探すならamazon!
プロフィール

先崎 進

Author:先崎 進
三流大学卒業後、甘い考えで就職した会社を甘い考えで1年で辞め、フリーター生活へ。
2年後、社会人となるべく就活するものの、待っていたのは厳しい現実。
そこからなんとか就職し、総務部にて猫のフン拾いの仕事等からスタート。
そこから紆余曲折を経て、事業責任者、人事責任者、研修トレーナー、上場企業の執行役員などを経験しているキャリアカウンセラーです。
自分と同じように、低学歴でも、フリーターでも、途中挫折してしまっても、投げ出さなければ大丈夫!ということを大切に、就職、転職、キャリア作りに少しでも役立つ情報を提供できたらと思います。
モットーは「人に元気を!」

就職・転職支援
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

キーワード関連記事を表示

初任給 当たり前のレベル 会話のポイント 情熱 ナジック・ワークプレースメント どんな質問を投げかけるか 企業分析 社会の現実 他己分析 やる気 大学卒の離職率 株主 視野、視界を広げる キャリア構築 やりたいこと 差別化 キャリアセンター 就職支援会社 平均年齢 人材紹介会社 小さい規模の企業で働くことのメリット 企業を見るプロ 就労体験型学生派遣 行動を変える 学歴と仕事 フリーター キャリア教育・就職支援協力団体 重要なポイント ジョハリの窓 ライティングホルダー 人間関係 勿体無い 覚悟 行動意欲 既卒 ジョブカフェ 自分に合う業界 笑顔 ヤングハローワーク 言葉遣い 資格 職人的スキル 内定の可能性 第二新卒 人気企業 ブラック企業 行動 マナー 会社選びに一番大切なこと 26歳 自己分析 適性検査 グッドカンパニー大賞 面白い 内々定者の体験談 社員の定着率 入社3年後離職率 キャリア形成 人気企業での足切り 従業員300人未満 就職活動 ルーズリーフ 勉強 OB、OG訪問 ハードワーク 逆転の発想 基本 中小 フィードバック 就職四季報 事実 未経験者 元気なモノ作り中小企業300社 OB・OG訪問 平均勤続年数 隠れた優良企業 簡単なこと ソーシャルプリンティングカンパニー 低学歴 求人倍率  社風・カラー キャリアカウンセラー 業界 リラックス ベンチャー 説明会 中小企業 フリーター就職支援 会って勝負 主体性 入社3年後の離職率 菊池桃子 無料の就職支援講座 合う空気 セミナー 挨拶 福利厚生 平均年収 就職活動のストライクゾーン 求人広告 会社の価値観 偏差値30 ハローワーク 日本経済新聞 あくなき創造 就職内定率 B_to_B 好き 仕事観 退職理由 優良企業 企業情報 会う 就活本 ミートボール 足切り 株の情報誌 大手 就職弱者 入社1年目 就職情報サイト 熱意 人気ランキング 投資活動 人気企業ランキング レポート 投資信託 三行提報 

IEを使っている方は、こちらから「お気に入り登録」ができます。
facebook
Susumu Sakizaki

バナーを作成
就職、転職、キャリア作りに悩む方、どなたでも友達申請OK!役立つ情報共有していきましょう♪
メルマガ
メルマガ購読・解除
就職弱者の就職・キャリア作り支援マガジン
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
ツイッター
あると便利な就職四季報
業界別求人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。