企業分析のポイント② ビジネスモデルを理解する具体的方法とは?

前回、内定を得るために必要な企業分析において、

①会社が何で儲けているのか。
 つまりビジネスモデル。

②理念


を理解しておくことが重要と書きました。

今回は、
①のビジネスモデルを理解するために、
どうしたら良いか
を伝えたいと思います。

私は、ビジネスモデルを理解するには、
まずは、

その会社の商品・サービスによって、
誰がどうなる。


を掴むことだと思っています。

それが根本。

「どうなる」の部分に価値があるから、
人や法人がお金を払い、利益が創出されるわけです。

ですから、就活する先の会社の商品・サービスは、
誰をどうするのか?
自分の口で説明できるようにすることが第一です。

おそらく、そこまでは、
会社のホームページや就職情報サイトなどを、
しっかり調べれば、自分一人で十分にできると思います。


これが説明できれば、
おおまかなターゲットと
会社の商品・サービスの主な価値が、
理解できるようになります。

そうなったうえで、
より会社を深く理解するためには、

商品が顧客に届くまでの流れを表した
「サプライチェーン」を
具体的に知ることが非常に有効

だと私は考えています。

サプライチェーンの具体例を記載すると

例:製造業

研究開発→調達→製造→物流→マーケティング→サービス→販売



例:小売業

商品開発→仕入れ→物流→広告宣伝→店頭→営業→サービス


というような感じです。

これらのプロセスを経て、利益が生まれます。

利益が生まれているということは、
そのプロセスの中で、
その企業の強み、特長、価値があるわけです。

例の製造業では、

研究開発→調達→製造→物流→マーケティング→サービス→販売

の、それぞれで努力・工夫をしているはずですが、
どこかに大きな強み・特長がある可能性が高いのです。

研究開発なのか、製造なのか、マーケティングなのか・・・

それは当然、企業によって違ってきます。

そこを掴むのです。

つかむ

つまり、
顧客に届くまでのプロセスを掴んで、
どんな仕事があるかを知り、
そのプロセスの中で、
特に強みがある部分がどこなのかを掴んで、
その企業の利益の源泉を知る

のです。

それを知ることができたら、
自己分析で掴んでいる、
自分が思う適正や、
自分がやりたいと思うことなどが、
その企業のどんなところに当てはまりそうか、
より想像しやすくなります。

サプライチェーンを知ることは、
会社の理解を、必ず深めてくれます。

おそらく、就活する人のほとんどが、
受ける企業のサプライチェーンまでは、
理解はしていないと思います。

実際に働いている人でも、
新人や若手では分かっていない人も
いるかもしれません。

ですからサプライチェーンを知ることは、
他の就活する人との
大きな差別化にもなります。

ただ、実際に働いている人でも
分からない場合があるような
サプライチェーンを、
就活する皆さんが、簡単に分かるかと言ったら、
それは難しい話だと思います。

そこは一人だけでなんとかしようとせず、
セミナーや説明会などで、
企業の採用担当者に、
聞いてみれば良いと思います。

ただし、まずは、
自分で考えて仮説をたてて下さい。


なぜなら、
そのまま聞いてしまうと、
簡単に分かりそうな範囲まで全てを
企業に聞くことになり、
それは、思考力が無い人間と
判断される可能性があるからです。

仮説を立てる際には、

おおまかなサプライチェーンとして、

研究→創る(開発)→作る(生産)→売る(販売)→顧客

という流れを、まずは頭に入れて、
自分が就活する会社を調べていくと、
仮設が立てやすくなります。

会社によっては、
無いプロセスもあるでしょう。

でも、だいたいのビジネスはは、
このおおまかなプロセスに近い形があります。

無形のものを作る広告なんかでは、
創る(開発)→創る(企画)
作る(生産)→作る(広告制作)
のようになるイメージでしょう。

このように、
研究→創る→作る→売る→顧客
を幅広く、柔軟に考えることによって、
企業のサプライチェーンの仮説は、
十分に立てられると思います。

その仮説に照らし合わせて、
どこのプロセスに強み、特長を持つかも、
企業が普通にアウトプットしている情報から、
仮説は十分に立てられるはずです。

その立てた仮説をもって、
それが正しいかを企業に聞いてみて下さい。

そうすれば、
その企業の担当者は、
あなたの会社を理解しようとする姿勢に注目しますし、
実際に、あなたに正確なサプライチェーンを伝えることで、
あなたが、会社の理解を深めていることも、
企業側は知ることになります。

そして、あなたは、
会社のビジネス、仕事を、深く理解することができる。

生まれるのはメリットだらけです。

場合によっては、
生意気なことを聞く奴だと思われることもあるかもしれませんが、
基本、礼儀正しく、当たり前のことができるレベルの人であれば、
プラスにとらえられることの方が、確実に多いと思います。


是非、

会社の製品・サービスが、誰をどうするのか。

を掴んだうえで、

その会社のサプライチェーンも掴んでみて下さい。



■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

⇒comment

Secret

欲しい商品を探すならamazon!
プロフィール

石川大成

Author:石川大成
三流大学卒業後、甘い考えで就職した会社を甘い考えで1年で辞め、フリーター生活へ。
2年後、社会人となるべく就活するものの、待っていたのは厳しい現実。
そこからなんとか就職し、総務部にて猫のフン拾いの仕事等からスタート。
そこから紆余曲折を経て、事業責任者、人事責任者、研修トレーナー、上場企業の執行役員などを経験しているキャリアカウンセラーです。
自分と同じように、低学歴でも、フリーターでも、途中挫折してしまっても、投げ出さなければ大丈夫!ということを大切に、就職、転職、キャリア作りに少しでも役立つ情報を提供できたらと思います。
モットーは「人に元気を!」

就職・転職支援
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

キーワード関連記事を表示

ソーシャルプリンティングカンパニー キャリア形成 人気企業 就活本 優良企業 平均勤続年数 行動意欲 合う空気 OB・OG訪問 人気ランキング フィードバック 第二新卒 26歳 ジョブカフェ 視野、視界を広げる 中小企業 社員の定着率 逆転の発想 就職活動のストライクゾーン ライティングホルダー 求人倍率 自分に合う業界 ブラック企業 企業情報 基本 小さい規模の企業で働くことのメリット 事実 学歴と仕事 適性検査 ヤングハローワーク 行動 社風・カラー 企業を見るプロ やりたいこと 挨拶 キャリアカウンセラー 初任給 既卒 キャリア教育・就職支援協力団体 リラックス 入社3年後の離職率 隠れた優良企業 覚悟 熱意 低学歴 勿体無い どんな質問を投げかけるか 就職支援会社 大手 従業員300人未満 会って勝負 就職内定率 B_to_B あくなき創造 社会の現実 平均年齢 レポート 退職理由 ベンチャー 面白い 人間関係 職人的スキル 足切り ハローワーク 株主 勉強 ジョハリの窓 会社選びに一番大切なこと ミートボール 菊池桃子 ハードワーク 就労体験型学生派遣 業界 会社の価値観 簡単なこと キャリア構築 キャリアセンター 企業分析 ナジック・ワークプレースメント 株の情報誌 就職四季報 内々定者の体験談 就職情報サイト 人気企業での足切り セミナー 重要なポイント 他己分析 入社3年後離職率 中小 会話のポイント フリーター就職支援 三行提報 やる気 無料の就職支援講座 大学卒の離職率 資格 笑顔 当たり前のレベル グッドカンパニー大賞 元気なモノ作り中小企業300社 求人広告 就職弱者 OB、OG訪問 投資活動 情熱 入社1年目 差別化 仕事観 未経験者 行動を変える 好き 人材紹介会社 就職活動 フリーター 日本経済新聞 会う 福利厚生 ルーズリーフ 説明会 言葉遣い マナー 主体性 投資信託  内定の可能性 人気企業ランキング 偏差値30 自己分析 平均年収 

IEを使っている方は、こちらから「お気に入り登録」ができます。
ツイッター
あると便利な就職四季報
業界別求人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスランキング