ちゃんとした選考をしている企業は、○○面接をしています。○○面接とは?そしてその対策は・・・

面接の手法にコンピテンシー面接という手法があります。

通常の面接が、
「優秀かどうか」を重視し、
志望動機や、将来の希望、等を聞きながら、
やる気や、頭の良さなどを見ようとするのに対し、

コンピテンシー面接は、

「成果を生み出す行動特性をもっているか」

を重視し、
過去の行動事実を聞いて、
その人物が、
自社で活躍できる行動特性をもっているかを、
見ようとします。

考え方は、いくらでも嘘がつけます。
また、考え方がいくら優秀でも、
それが具体的行動に落とせていなければ、
評論家どまりで結果は出せません。

それにくらべ行動事実は、
嘘がつきにくい。
また、実際に行動に落とせていることなので、
成功していれば、再現性があり、
失敗していても、経験になっています。

ですから、コンピテンシー面接は、
本当に、その人物が、
その会社に相応しい人物かどうかを見極めるには、
非常に有効な面接方法なのです。

コンピテンシー面接の評価は、
おおよそ次のようになっています。

レベル1
部分的・断片的行動(受動行動)

 →成果は出せていても
  場当たり的で主体的ではない行動

レベル2
やるべきことをやるべきときにやった行動(通常行動)

 →それなりに自分で意識をして行った行動だが、
  だれでも普通はこうするであろうという行動

レベル3
明確な意図や判断に基づく行動、
明確な理由のもとで選択した行動(能動行動)

 →本人の判断の要素が入った行動
  複数の選択肢の中から最適と考えられる方法を
  自分の考えで選択してとった行動

レベル4
独自の効果的工夫を加えた行動、独創的行動、
状況を変化、打破しようという行動
所定の条件、状況に働きかけ、変革する行動(創造行動)

 →条件、状況に対応するのではなく、
  条件、状況を変革させ、壁・障害を取り除く行動

レベル5
まったく新たな、周囲にとっても意味ある状況を作り出す行動
成果がかってになびいてくるような仕組みをつくるような行動
(パラダイム行動)

 →今まで誰もやらなかったようなことをやり、
  これまでの状況、価値観を一気にひっくり返してしまい、
  成果がつくりだされるのが必然となるような
  仕組みをつくってしまうような行動

   
というようなレベル分けがあり、
レベル4で1,000人に50人、レベル5で1,000人に1人
と言われています。

つまり、レベル4以上の行動が過去にあれば、
コンピテンシー面接を行うところでは、
かなりの確率で選考は通ります。

最低でも、レベル3の行動はないと、
選考は通らないと思います。


コンピテンシー面接を行う会社は、
低学歴やフリーターにとって、
表面上の肩書き等で判断されない分、
チャンスがあると思います。

ですから、
企業の面接を受けるまでに、
最低でも
行動レベル3以上、
できればレベル4以上の行動に取り組み、
何かしらの成果を生み出す
ことをしておけば、
一気にチャンスを引き寄せることができます。

また、実際にその経験は、
社会人になってからも間違いなく役立ち、
社会人になってから成果を出すことにもつながります。

ですから、実際に行動さえしておけば、
良いことだらけなのです。

逆に言うと、
コンピテンシー面接では、
その場しのぎのテクニック等の対策は無い。
ということなのです。

まずは、とにかく、
自分がこれまでに成果を出せたことを
振り返ってみて、
実際にどんなことをやったかを整理し、
自分の行動レベルが、
どこにあたりそうかを見てみて下さい。

振り返った結果、
レベル3以上のことがあった場合には、
どういう考え、意図、工夫があって、
その行動をとったのか。

どんな困難、問題があって、
それをどう乗り越えていったのか。

Plan(計画)→Do(実行)→Check(確認)→Action(改善)
をどのように回したのか。

などを、

5W1H
※いつ(When)、どこで(Where)、 だれが(Who)、
 なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)


を分かりやすく話せるようにしておきましょう。


自分の成果を振り返った結果、
レベル2以下の行動しかなかった場合、
今からでもレベル3以上のことに、
取り組む必要があります。

とはいえ、就活中に、
レベル3以上の行動で成果を
作り出すことは難しいので、
本来は、事前にそのような行動によって、
成果をつくっておく体験をしておくことが、
とても重要なのです。


とはいえ、無いものは仕方ありませんし、
それをなげいていても始まりません。

過去の行動事実からは、
選考に通る要素がないのですから、
何か行動を起こさなければ、
面接を受けるだけ無駄になってしまいます。

今からでも、何か行動を起こせば、
面接までには成果がでないかもしれませんが、
今、このように取り組んでいます。
ということを話すことで、
カバーはできる部分もあると思います。

就活で、どうしても他に行動が難しいとなれば、
就活そのもので、
レベル3以上の行動を起こすのも手です。

本音は他の成果行動エピソードが欲しいところですが、
何も無いよりマシです。

まずは、レベル3以上の行動を起こす。

そのことを実戦してほしいと思います。




■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

⇒comment

Secret

欲しい商品を探すならamazon!
プロフィール

先崎 進

Author:先崎 進
三流大学卒業後、甘い考えで就職した会社を甘い考えで1年で辞め、フリーター生活へ。
2年後、社会人となるべく就活するものの、待っていたのは厳しい現実。
そこからなんとか就職し、総務部にて猫のフン拾いの仕事等からスタート。
そこから紆余曲折を経て、事業責任者、人事責任者、研修トレーナー、上場企業の執行役員などを経験しているキャリアカウンセラーです。
自分と同じように、低学歴でも、フリーターでも、途中挫折してしまっても、投げ出さなければ大丈夫!ということを大切に、就職、転職、キャリア作りに少しでも役立つ情報を提供できたらと思います。
モットーは「人に元気を!」

就職・転職支援
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

キーワード関連記事を表示

入社3年後の離職率 勿体無い 足切り 挨拶 行動 社風・カラー 社会の現実 会って勝負 人気企業での足切り どんな質問を投げかけるか 資格 未経験者 キャリア形成 フィードバック フリーター就職支援 業界 OB、OG訪問 笑顔 マナー フリーター 投資活動 合う空気 小さい規模の企業で働くことのメリット 大学卒の離職率 福利厚生 26歳 視野、視界を広げる 基本 事実 仕事観 内定の可能性 求人倍率 会う 就職活動のストライクゾーン 熱意 好き 三行提報 ハードワーク 重要なポイント 人気企業ランキング 職人的スキル ブラック企業 ナジック・ワークプレースメント 優良企業 勉強 求人広告 逆転の発想 行動を変える 初任給 偏差値30 やりたいこと 株主 大手 無料の就職支援講座 中小企業 企業分析 ヤングハローワーク 他己分析 あくなき創造 平均勤続年数 キャリアセンター 当たり前のレベル ベンチャー ライティングホルダー ソーシャルプリンティングカンパニー 主体性 言葉遣い 適性検査 リラックス 会社選びに一番大切なこと 人材紹介会社 行動意欲 入社3年後離職率 菊池桃子 情熱 キャリア構築 自己分析 低学歴 企業を見るプロ セミナー 覚悟 就職活動 簡単なこと 平均年齢 学歴と仕事 株の情報誌 就職支援会社  就労体験型学生派遣 ミートボール 中小 ルーズリーフ 退職理由 OB・OG訪問 差別化 ジョブカフェ 日本経済新聞 入社1年目 就職弱者 第二新卒 やる気 会話のポイント 既卒 従業員300人未満 隠れた優良企業 就職内定率 人間関係 人気企業 就職情報サイト 自分に合う業界 就職四季報 投資信託 就活本 説明会 元気なモノ作り中小企業300社 レポート B_to_B 社員の定着率 人気ランキング 平均年収 キャリア教育・就職支援協力団体 ハローワーク 企業情報 キャリアカウンセラー 内々定者の体験談 面白い グッドカンパニー大賞 会社の価値観 ジョハリの窓 

IEを使っている方は、こちらから「お気に入り登録」ができます。
facebook
Susumu Sakizaki

バナーを作成
就職、転職、キャリア作りに悩む方、どなたでも友達申請OK!役立つ情報共有していきましょう♪
メルマガ
メルマガ購読・解除
就職弱者の就職・キャリア作り支援マガジン
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
ツイッター
あると便利な就職四季報
業界別求人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスランキング