スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

就職に成功する新聞との付き合い方とは?

新聞は是非、目を通しておきましょう。

必ず面接で新聞ネタが聞かれる訳ではありませんが、

「今、社会で起こっていることについて、
 どんなことに興味・関心を持ち、
 どんな考えを持っているのか。」

ということについて知りたくて、
新聞の記事に取り上げられるような内容を、
面接で聞かれる可能性はとても高いです。

情報を収集するアンテナの高さと精度。
そして、考える力を見られるのです。

新聞に目を通していないと、
そういったことを聞かれた時に、
準備できていない自分と瞬時に向き合うことになり、
パニックになる場合が多い
です。

そうなると、
その質問に対してだけでなく、
他の質問に対しても、
自分らしさが出せなくなります。

日ごろから新聞に目を通して、
興味、関心が出た記事については、
しっかり読み込んでみましょう。

とはいえ、
興味、関心を持つ記事には注意です。

学生の皆さんと話をすると、
どうしてもテレビのニュースで
取り上げられるような社会的事件に、
興味、関心を持つことが多いようですが、
企業の面接の中で、
それらの内容は、あまり刺さりません。


ある意味、それらのニュースのほとんどは、
企業にとっては、どうでもいいことだからです。

できれば「経済面」
そこから、興味、関心のあるものを拾ってください。


つまり企業側が興味、関心を持つような内容を、
積極的に情報として拾うということです。

そこを理解しておらず、
漠然と新聞を読んでいる学生さんが多い。

ま、新聞を読んでいない学生さんはもっと多いですが(笑)

新聞をせっかく読んでも、
あまり他と差別化できなければもったいないです。

是非、「経済面」に注目して下さい。

基本は「株価」「為替」の動向を押さえ、
「景気」がどうなっているかを把握しておくこと。

その「景気」に関わることで、
どんな問題があり、どんなことが起ころうとしているか、
などを把握しておくことがポイントとなります。

それをふまえて、自分は今の世の中をどう捉え、
どう行動していこうと思っているか
という考えまで持てたら、たいしたものです。

ちなみに、
そういった考えを面接で話しした時に、
「それは甘い考え」だと言われることもあるかもしれませんが、
そういう時には、
前に書かせてもらった「素直の重要性」に従って、
「どのような点で自分に不足があったか教えてください」
「自分に足りなかった点が分かりました。ご指導ありがとうございました。」
など、まずは相手の言う事を落ち着いて受け止めれば、
大きな問題にはなりません。

そもそも「学生は考えが甘いもんだ」と決めつけて、
ほとんどの面接官も面接してますから、
「甘い」と言われたり、「否定的」なこと言われても、
そんなの当たり前だと思っていてOKです。

その面接官が、
普段どれだけ立派に考えているかは分かりません(笑)
ま、でも学生の皆さんよりは考えている可能性は高いですし、
何よりも、自分の方が優れている、考えているという
自負が面接官にはあります。

そのような面接官の言ったことに、
反論したり、逆に論破しようと思うのは、
教えてくれる先生に向かって、
説教をしにいくような行為です。

相手の言うことをしっかり受け止めて
「勉強になりました。」
そういう態度をとることが良いと思います。


ちなみに新聞は何を読んだらいいか、
やはり日経を読んだ方がいいのか
聞かれることがありますが、
私は家で取っている一般の新聞で十分だと思います。

日経新聞は、
普通の社会人が読んでも分からない内容が
たくさんあるくらいです(笑)

学生の皆さんにはとっつきにくく、
日経を読むことで、
新聞に抵抗を感じるきっかけになるかもしれません(笑)

それで新聞離れをしたら本末転倒です。

また日経読んだけど、
なんかよく分からない・・・という状態よりは、
一般紙を読んで、ある程度の理解をしている方が
全然良いです。

あまり英語の得意でない人が
英字新聞読むより、
ちゃんと日本語の新聞読んだ方が良い
というのと同じ感覚です。

金融、商社などの業界を受けるのであれば、
日経新聞を読んでおく必要もあるかもしれませんが、
一般紙で良いと思います。

ただ、月曜日の日経新聞だけは、買いです。

何故なら、
「大学」という就活生とその親世代に向けた面があり、
その面に
就活の特集記事がよくのるからです。

就活に有効な情報がタイムリーに得られます。

またその大学面には、
「池上 彰の必修 教養講座」という記事があり、
とても勉強になります。

他にも、
「新興・中小企業」面があり、
新興・中小企業の情報が得られたり、
「景気指標」や
難しいですが「経済教室」といった
役立つ情報が豊富です。

普段から日経を必ず読む必要は無いと思いますが、
月曜日だけは、
日経を買って読んでみることをオススメします。



■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

⇒comment

Secret

欲しい商品を探すならamazon!
プロフィール

先崎 進

Author:先崎 進
三流大学卒業後、甘い考えで就職した会社を甘い考えで1年で辞め、フリーター生活へ。
2年後、社会人となるべく就活するものの、待っていたのは厳しい現実。
そこからなんとか就職し、総務部にて猫のフン拾いの仕事等からスタート。
そこから紆余曲折を経て、事業責任者、人事責任者、研修トレーナー、上場企業の執行役員などを経験しているキャリアカウンセラーです。
自分と同じように、低学歴でも、フリーターでも、途中挫折してしまっても、投げ出さなければ大丈夫!ということを大切に、就職、転職、キャリア作りに少しでも役立つ情報を提供できたらと思います。
モットーは「人に元気を!」

就職・転職支援
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

キーワード関連記事を表示

就職活動 社員の定着率 求人広告 平均年齢 ブラック企業 面白い ハードワーク 投資信託 他己分析 中小企業 就職活動のストライクゾーン 株主 マナー 菊池桃子 大手 足切り 企業情報 就職内定率 ミートボール 就職支援会社 挨拶 企業を見るプロ 自分に合う業界 第二新卒 笑顔 職人的スキル 社風・カラー 内定の可能性 既卒 キャリアセンター 隠れた優良企業 低学歴 人気企業 平均年収 社会の現実 レポート ハローワーク 未経験者 就職情報サイト 重要なポイント フリーター就職支援 仕事観 事実 無料の就職支援講座 ベンチャー 基本 初任給 業界 行動 ナジック・ワークプレースメント 言葉遣い 説明会 退職理由 熱意 平均勤続年数 ヤングハローワーク やる気 入社3年後離職率 自己分析 投資活動 ジョブカフェ OB、OG訪問 人気企業での足切り 求人倍率 就労体験型学生派遣 合う空気 ルーズリーフ 中小 B_to_B 主体性 どんな質問を投げかけるか 26歳 日本経済新聞 キャリア形成 セミナー 従業員300人未満 入社3年後の離職率 人材紹介会社 ソーシャルプリンティングカンパニー 行動を変える 大学卒の離職率 グッドカンパニー大賞 行動意欲 覚悟 会社選びに一番大切なこと 人気企業ランキング フィードバック 三行提報 あくなき創造 就職弱者 情熱 会社の価値観 勉強 リラックス ジョハリの窓 会う 偏差値30 キャリア構築 やりたいこと OB・OG訪問 差別化 内々定者の体験談 元気なモノ作り中小企業300社 好き 福利厚生 就活本 勿体無い 逆転の発想 小さい規模の企業で働くことのメリット 適性検査 入社1年目 フリーター 人間関係 会話のポイント 企業分析 就職四季報 学歴と仕事 会って勝負 キャリアカウンセラー  キャリア教育・就職支援協力団体 視野、視界を広げる 資格 当たり前のレベル 株の情報誌 人気ランキング 優良企業 簡単なこと ライティングホルダー 

IEを使っている方は、こちらから「お気に入り登録」ができます。
facebook
Susumu Sakizaki

バナーを作成
就職、転職、キャリア作りに悩む方、どなたでも友達申請OK!役立つ情報共有していきましょう♪
メルマガ
メルマガ購読・解除
就職弱者の就職・キャリア作り支援マガジン
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
ツイッター
あると便利な就職四季報
業界別求人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。