就活がうまくいくために、採用セミナー、説明会では、まず何を知るべきか?

私は、
採用セミナー、説明会に参加する以上の
企業分析は無いと以前に書き、
とにかくまずは、
セミナー、説明会に参加することを推奨しているのですが、
ただ参加すればいいかというとそうではありません。

参加することに意義がある訳ではありません。

参加して情報をつかむことに意義があります。

何の情報をつかむべきなのか。

自分が思うのは、ズバリ

その会社、企業の価値観です。

どんなことを大事に、大切にしている企業なのか。

ということです。

前に、就活オススメ本で、
海老原 嗣生さんの著書
「2社で迷ったらぜひ、5社落ちたら絶対読むべき就活本」
を紹介しましたが、

その本の中では、
その企業の風土、価値観が、
5つのポイントのどちらによっているか?を見て、
自分の価値観と照らし合わせて、
受ける企業を決めるのが良いと書かれています。

その5つのポイントとは、

①協調⇔競争

②伝統⇔革新

③理⇔情

④行動⇔思考

⑤緻密⇔スピード


です。

確かに、
ここまで企業をとらえることができれば、
ミスマッチは相当少なくなるとは思います。

ただ、ここまでセミナー、説明会で、
つかみきるのは難しいと思います。

そこで、私がまず、つかんでほしいと思うのは、

「どんな人が要職にいるか」
「どんな人が活躍し、出世しているか」


ということです。

企業の価値観が自然と表れるのは人事です。

企業が期待する人材、
企業がこれからを任せたいと思う人材が、
出世をし要職にいる訳で、
そこに、
その企業が求める人材像のリアルが存在する訳です。

いくら言葉でこんな人物を採用したいと言っても、
言葉は言葉です。

実際にいる人にはかないません。

経営者がどんな人なのか。
役員はどんな人達なのか。
部長、課長には、どんな人が多いのか。

企業は基本、縦社会ですから、
その企業で働く際の価値観は、
上の要職にいる人達の価値観に大きく影響を受けます。

是非、セミナーや説明会では、
そのあたりを質問してでも、つかんでほしい。

その出世している人達、
要職にいる人達がどんな人達かを知った時に、
正直な自分の心に違和感が無いかどうかを確認してほしい。

自分が素直に、
そういった人達と働きたいと思えるかどうか。


自分も、
そういった人達と同じようにできそうと思えるかどうか。


それが重要です。

そのあたりのイメージが無ければ、
その企業を受けても、価値観が違うわけですから、
選考に通る確率は低くなると思いますし、
入社してからも辛い日々を過ごすことになるでしょう。

いくらその企業のビジネスモデルが面白いと思えても、
その企業に将来性があると思えても、
その企業の価値観に合わなかったら、
全く意味が無いといっても過言ではありません。

逆に仕事の内容は何であれ、
その企業の価値観にさえ合えば、
活躍できる可能性は高く、
活躍しているうちに、
入社前は全然よく分からなかった仕事について、
「プロフェッショナルになっている」
ということは実際の社会人によくあることなのです。

それくらい価値観の一致は大事です。

企業の詳細情報をつかみにいくことより、
その企業の価値観を優先してつかみにいってほしい
と思います。

価値観がある程度あっていることが確認できたら、
初めて、企業の詳細情報をしっかりつかみに行く。

私は、それくらいの温度感でいいと思います。

限られた時間の中で、
行動量はできる限り増やすことが重要ですが、
増やすべき行動は、
自分が選考に通る可能性がある企業、
自分が活き活きと働くことができる可能性が高い企業

に向かう行動であって、
その目的を達成しない企業への行動は、
どんどん減らすべきです。

価値観の合わない企業に
貴重な時間を割いている余裕は、
就職弱者にはありません。

人事に、その企業の価値観は表れる。

この点を忘れずに、企業を見てほしいと思います。

価値観があっていると思えた企業に出会ったら、
それはとっても嬉しいこと。

その企業で働く資質はある訳ですから、
後は、選考を通るための戦略、戦術が必要になります。

そのために、押さえておくべき情報については、
また今度、書きたいと思います。




■他に就職関連の情報を探したい方はコチラ

就職・転職・仕事関連のFC2 Blog Ranking
にほんブログ村 就職ブログ
就職 人気ブログランキング

【theme : 就職活動
【genre : 就職・お仕事

⇒comment

Secret

欲しい商品を探すならamazon!
プロフィール

石川大成

Author:石川大成
三流大学卒業後、甘い考えで就職した会社を甘い考えで1年で辞め、フリーター生活へ。
2年後、社会人となるべく就活するものの、待っていたのは厳しい現実。
そこからなんとか就職し、総務部にて猫のフン拾いの仕事等からスタート。
そこから紆余曲折を経て、事業責任者、人事責任者、研修トレーナー、上場企業の執行役員などを経験しているキャリアカウンセラーです。
自分と同じように、低学歴でも、フリーターでも、途中挫折してしまっても、投げ出さなければ大丈夫!ということを大切に、就職、転職、キャリア作りに少しでも役立つ情報を提供できたらと思います。
モットーは「人に元気を!」

就職・転職支援
カテゴリ
最新記事
人気記事ランキング
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

キーワード関連記事を表示

好き 会社の価値観 就労体験型学生派遣 就職四季報 就職情報サイト フリーター 第二新卒 ジョブカフェ 差別化 資格 初任給 行動意欲  従業員300人未満 入社1年目 日本経済新聞 就職活動のストライクゾーン ミートボール 求人倍率 フリーター就職支援 レポート キャリアセンター 就職支援会社 社員の定着率 勉強 就職内定率 リラックス 平均年齢 社会の現実 入社3年後の離職率 人間関係 勿体無い 平均年収 会社選びに一番大切なこと 大学卒の離職率 会って勝負 OB・OG訪問 未経験者 就職活動 基本 やる気 ブラック企業 逆転の発想 企業情報 隠れた優良企業 ベンチャー 株主 重要なポイント 適性検査 合う空気 マナー フィードバック 退職理由 求人広告 視野、視界を広げる ハローワーク キャリアカウンセラー 内々定者の体験談 言葉遣い 就職弱者 主体性 ルーズリーフ 熱意 会う 自分に合う業界 当たり前のレベル 業界 セミナー 優良企業 26歳 人気企業での足切り ライティングホルダー 元気なモノ作り中小企業300社 株の情報誌 内定の可能性 就活本 人気企業ランキング OB、OG訪問 仕事観 人材紹介会社 人気企業 情熱 偏差値30 ナジック・ワークプレースメント 企業分析 三行提報 学歴と仕事 覚悟 入社3年後離職率 既卒 面白い 人気ランキング ヤングハローワーク 大手 説明会 キャリア形成 社風・カラー 菊池桃子 ソーシャルプリンティングカンパニー 職人的スキル 企業を見るプロ 小さい規模の企業で働くことのメリット 他己分析 中小企業 会話のポイント 挨拶 やりたいこと ジョハリの窓 平均勤続年数 行動を変える 行動 笑顔 どんな質問を投げかけるか 中小 投資活動 あくなき創造 投資信託 低学歴 簡単なこと 福利厚生 キャリア教育・就職支援協力団体 グッドカンパニー大賞 無料の就職支援講座 足切り ハードワーク 自己分析 B_to_B 事実 キャリア構築 

IEを使っている方は、こちらから「お気に入り登録」ができます。
ツイッター
あると便利な就職四季報
業界別求人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスランキング